履歴書の免許・資格欄の書き方|資格を持っていない場合の対処法

履歴書の免許・資格欄の書き方

履歴書・エントリーシートの免許・資格欄、ただ持っている免許や資格を書きさえすれば良いと言うわけではないのです。この免許・資格欄を上手く書いた場合とそうでなくただ漫然と書いた場合とでは同じ内容でも採用担当者の評価が変わってきます。

内容が同じでも、書き方・アピールの仕方が変わることによって強く、読む者に働きかけることができるのです。就活ではわずかな差が内定か否かを決定付けてしまいます。資格・免許は就活生の能力・努力・「物事に対する姿勢」を示してくれるものですから企業もこれを重視します。そんな重要な免許・資格欄の書き方のポイントは以下のようになります。

①取得年月順に書く
②正式名称で記載する
③優先順位の高い免許・資格を記載する

これらについては詳しく後述しますが、取得年月順に免許・資格を記載していきます。免許・資格については「英検」「漢検」などのようにふだんは略称で呼んでいますが履歴書・エントリーシートにおいてはきちんと「日本漢字能力検定」「実用英語技能検定」というように正式名称で記載しなければなりません。

また、③は就活においては緩いとはいえ転職時の履歴書の鉄則です。IT企業に応募するのにIT系の資格がゼロで危険物取り扱い免許やアーク溶接など他業種の資格・免許ばかり記載されていたら「本当にうちの会社に入りたいのかな」と採用担当者は疑問を持つかもしれません。応募先企業やその業界で必要とされる資格・免許を優先して書いていきましょう。

よほど取得が難しくかつ幅広く難易度が知られている資格でもない限りは他業種・他業界の資格・免許の「重み」は伝わらないものです。しかし、TOEIC、英検などのように言語系の資格は全業種において「書いて損しない資格」もっといえば「武器となる資格」です。資格の中には「ご当地○○検定」のような趣味の資格というものもあります。これらの中にはかなりの難易度を誇るものもあるのですが残念ながら世間一般の目から見れば「趣味の延長」としか映らないものです。もちろん観光業・出版業など業種によってはアピール力ある資格となります。

こういった「資格・免許」ですが、他に書くべき資格・免許で欄が埋まっているときには無理に書こうとはしないで、他の資格・免許に枠を譲って代わりに「趣味」や「自己PR」の欄に書くようにしましょう。

一般に採用担当者が「資格・免許」をどう見ているかというとずばり「業種に必要なスキルを持っているか」「向上心があるか」「物事に取り組んできちんと成果を出せるか」「どんな志向性をもっているか」といった観点から見ています。応募先の業界によっては就活の時点で任意の資格・免許を有することを求められる所もあるでしょう。

そういった業界に応募する就活生は当然その流れに乗っていかねばなりませんし、そうでない業界の就活生にとっては「自分の向上心」「努力を形にした記録」として資格・免許の中のどれをアピールするかを考える余地があります。つまり、応募先企業や業界によって「強い資格・免許」「有効なアピール方法」といったものは変わってくると認識しなければなりません。

企業HPや就活サイトを基にした企業研究や自身の「企業選びの軸」とも関連させて「どの資格・免許」を前面に押し出していくかを考えなければならないのです。

履歴書の免許・資格欄の例文

2012年 普通自動車第一種運転免許 取得
2013年 毒物劇物取扱責任者 取得
2014年 実用英語技能検定準1級 取得

TOEIC 700点 取得

免許や資格を持っていない場合の対処法

免許や資格を持っていないという場合はどのようにすればよいのでしょうか。まず本当に何もないかもう一度考えて見てください。英検・漢検は人気資格ですから大学生の大半は高校時代に受験しているものです。

ただし、一般的に英検・漢検はそれぞれ2級以上を書くという暗黙の了解が大学受験・就活・転職の履歴書においては出来上がってます。準2級以下しかもっていない場合は書かないのと変わらないことになりますのであまり効果は期待できません。

免許・資格欄が空欄だと不安を覚える方も多いでしょうが安心してください。確かに免許・資格欄をしっかりと書けている場合の効果は絶大なものです。しかし免許・資格欄はあくまで「自己PR」の延長に過ぎません。

「自己PR」が自身の能力・行動をエピソードや成果でアピールするのに対して免許・資格は「成果」だけでアピールする欄ですから、免許・資格欄が空白ならばその分「自己PR」で自身の努力や能力を示せばよいわけです。

ただし資格・免許を大学在学中に取得して入社するのが当たり前という業界・職種もあります。この場合は「資格・免許をもっていない」理由を合理的に説明できるようにし、かつ「自己PR」や「志望動機」で挽回しなければならないでしょう。今所持していなかったとしても、ある資格を取得のために勉強中であれば「○○取得に向けて勉強中」という風に記載する方法もあります。

履歴書の免許・資格欄に書ききれない場合の対処法

持っている免許・資格の数が多すぎて入らないという人も中に入ることでしょう。そういう人はどうすればよいのでしょうか。

まず、一つ目は複数レベルある免許・資格を所持(例えば秘書技能検定2級と3級を所持)している場合、最上位の免許・資格のみを書くあるいは最上位の免許・資格の横に括弧書きで下位の資格の取得年月日を記載するという方法があります。免許・資格の数が多すぎて入らないケースの大半はこの方法で解決できます。

それでもまだ免許・資格の数が多すぎて減らす必要があるという場合には「応募先の業界に関連するもの」「応募先企業が求めているもの」「自分が採用担当者なら評価するもの」という観点から免許・資格を絞っていき欄の中に収めるようにしていきましょう。

履歴書の免許・資格欄はどの順番で書けばいいのか

履歴書・エントリーシートの免許・資格欄は基本的に取得年月順に記載していきます。取得年月の記載を西暦・元号のいずれで書くかは学歴・職歴の項目と合わせましょう。取得年月を記載するのであって、受験日や交付日(自動車免許など)ではありませんので注意してください。

履歴書の免許・資格欄は正式名称で書かなければいけないのか

履歴書・エントリーシートに免許・資格を記載する際には正式名称で記載しなければいけません。また、取得資格が国家資格である場合は資格の名称のみで構いませんが民間資格の場合はその資格の実施団体も合わせて記載するようにしてください(例:簿記検定→日本商工会議所簿記検定)。

有名資格の正式名称を以下に示します。

略称:正式名称

よくある資格

MOS:Microsoft Office Specialist
漢検:日本漢字能力検定
英検:実用英語技能検定
習字:毛筆書写検定
珠算:日本商工会議所珠算能力検定・全国珠算教育連盟珠算検定
秘書検:秘書技能検定
簿記日本商工会議所簿記検定
初級シスアド:初級システムアドミニストレータ
宅建:宅地建物取引主任者

自動車免許

普通自動車免許:普通自動車第一種運転免許
普通自動車二種:普通自動車第二種免許
大型免許:大型自動車免許
大型第二種免許:大型自動車第二種免許

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。