就活は何社受けるべき?就活に成功する人と失敗する人の特徴

就活生は何社の企業説明会に参加すべきなのか

就活生は、何社の企業説明会に参加すべきなのでしょうか?就活生が参加すべき企業説明会の社数は30社程度であると考えられます。参加すべき企業説明会の社数は人によって様々ですが、多ければいいというものでもありませんし、少なければいいというものでもありません。

まず、就活生は自分が就職したいと思える業界を絞らなければなりません。しかし、業界は数多く存在します。そのため企業説明会も幅広い業界の企業説明会に参加するべきです。

特に、その業界の中でも大きなシェアを占める企業の企業説明会には何社か参加するべきです。大きなシェアを占める企業の業務内容が業界全体の業務と近いと考えることができるからです。

そのため、なるべくシェアの大きな企業説明会に何社か参加するべきであり、一つの業界の中で大きなシェアを占めている企業を上位から5社検討するとするという、30社程度の企業説明会で6個の業界について知ることができます。

もっと複数の業界や、何社もの会社について知りたいと感じている就活生は、30社より多くの人企業説明会に参加することでより幅広く業界について知ることができます。

ただし、一般的に一つの企業の企業説明会で知ることのできる業務内容が必ずしも業界全体の仕事と一致するとは限らないことに注意する必要があります。そのため、もし興味のある業界がある場合はその業界の中で他の何社かの企業説明会にも参加する必要があります。

また、事前に興味がないと感じている業界の企業説明会に参加する必要はありません。就活は時間がかかり忙しいため、興味がないにもかかわらずその企業の企業説明会に行ってしまうと、本当に興味のある企業の企業説明会に参加できなくなってしまいます。

限られた時間の中で何社かの企業説明会に参加する必要があるため、基本的には30社程度の企業説明会に参加するべきです。逆に参加する企業説明会の社数が少なすぎると、もし選考でうまくいかなかった場合、改めて他の企業の企業説明会に何社か参加し直して選考を行わなければなりません。

また、選択できる業界の幅も狭くなってしまうため、あまり少なすぎてもいけません。

以上のことから就活生はおよそ30社程度の企業説明会に参加するべきです。また、事前に参加すべき企業について何社か具体的に検討しておくことも就活をスムーズに進める上で非常に重要なことになります。

検討することなくがむしゃらに企業説明会に参加しても、何も得ることができないため、事前にある程度業務の内容などについて調べておくことで企業説明会に参加する意義が生まれます。

また、企業説明会に参加することで他の企業についても興味が出ることがあります。そういった場合に備えて、企業説明会の予定は少し余裕がある程度にすることが大切です。必ずしも毎日行く必要はありません。

就活生は何社にプレエントリーするべきなのか

就活生がプレエントリーすべき社数はおよそ40社程度です。プレエントリーをすべき社数は人によって様々ですが、企業説明会に参加する社数を30社とするとそれよりも少し多くの企業に何社かプレエントリーを行う必要があります。

一般的な就活の流れとしては、まずプレエントリーを行い、その後に企業説明会に参加します。

そのため、少しでも興味がある企業についてはプレエントリーをするべきです。その中でも自分がやりたいと思える仕事ができる可能性のある企業や、興味のある企業を30社程度選択して企業説明会に参加します。

プレエントリーの社数をあまり減らしてしまうと、企業説明会に参加する機会を失ってしまう可能性があります。

企業によっては企業説明会の参加を選考を受ける条件としているところもあるため、企業説明会へは積極的に参加しなければなりません。プレエントリーは少しでも興味があると思ったら何社でもすることが大切です。この時点であまり企業を絞りすぎる必要はあまりありません。

プレエントリーと本エントリーの違い

プレエントリーと本エントリーの違いは一般的に企業と直接やり取りができるかどうかにあります。プレエントリーを行うのは基本的に大手の就職支援を行なっている企業が運営しているサイトからです。そのため、企業と直接やり取りをすることはありません。

しかし、プレエントリーを行うと大手の就職支援を行なっている企業が運営しているサイトを通じて企業から返事が来ます。企業によってはここで就活生に対して個別のIDを配布しそれぞれにマイページを作成させます。そして、企業説明会や選考に関する事項に関してはマイページを通して連絡し合うこととなります。

プレエントリーの段階ではこうしたマイページを作成することはほとんどなく本エントリーが完了した場合のみ作成されるのが一般的です。就活生は本エントリーをすることで企業と直接やり取りすることになるため、言葉遣いなどに関してはより一層気を配る必要が出てきます。

また、本エントリーが完了していないと選考に進めないことがあります。なぜなら本エントリーが完了してから作成できるマイページを通して選考に関する連絡が行われるからです。プレエントリーをしたからといって必ず選考に進めるわけではないので気をつける必要があります。

多くの就活生はプレエントリーをしたことをエントリーということがありますが、企業は本エントリーが完了した場合のみエントリーしたこととします。その点には、注意をして就活を行う必要があります。

定期的に大手の就職支援を行なっている企業が運営しているサイトを確認して、本エントリーまで完了しているかを確かめることが大切です。

就活生が受ける平均的な会社の数

就活生が受ける平均的な社数はおよそ20社程度であると考えられます。受ける社数は就活生によって様々ですが、企業説明会への参加が30社とすると、その中でも特に自分の興味のある何社かの企業の選考を受けることになります。

企業説明会で全ての企業に興味を持った場合は全ての企業の選考を受けることになりますし、あまり興味のある企業がなかった場合はもっと少ない社数の選考を受けることになります。そのため、平均はおよそ20社程度となります。

就活生が落ちる平均的な会社の数

就活生が落ちる平均的な社数はおよそ18社になります。近年では景気の影響から売り手市場が続いているため内定の獲得が一人平均で2社程度となっております。上記の通り20社の選考を受けたとすると、2社は受かり、18社は落ちるということになります。

しかし、これは一般論であるため就活生によってはほとんど落ちることがないこともありますし、逆にほとんど落ちてしまうことも起きてしまいます。そのため、平均を考慮するとおよそ18社になります。

たとえ何社落ちたとしても自分がやりたいと思える企業に就職できればいいため、落ちた社数について深く悩む必要はありません。

同様にほとんど落ちずに就活を行うことができたとしても自分がやりたいと思える仕事ができる企業に就職しなければ意味がないので、内定を獲得した企業の数ではなく自分のやりたい仕事ができるかどうかを改めて検討することが大切になります。

エントリーする会社が多ければ多いほど有利なのか

エントリーする会社が多ければ多いほど有利というわけではありません。就活は数を打てば当たるというものではありません。逆にエントリーする企業数が多くなってしまうとそれだけ一社にかける時間が短くなってしまい、選考では熱意を伝えづらくなってしまいます。

自分のやりたい仕事ができる企業が多い場合は必然的にエントリー数は多くなりますし、やりたいと思える仕事が企業が少ない場合はエントリー数は少なくなります。

そのためエントリーする会社が多ければ多いほど有利になることはありません。本当に自分がやりたいと思える仕事ができる企業にエントリーすることが就活においては非常に重要です。

就活に成功している人は何社受けているのか

就活に成功している人はおよそ20社程度受けていると考えられます。選考を受ける企業数が多すぎるとどの企業に対しても中途半端になってしまい、就活は失敗してしまいます。逆に少なすぎても不安に襲われたり、面接に慣れることができずいい結果が生まれません。

極端に多くすることもなく少なくすることもない人ほど成功すると考えられます。就活ではおよそ20社程度の企業に絞り、選択した企業の選考に集中することで就活が成功する確率が高まります。

就活に失敗している人の特徴

就活に失敗している人の特徴として自分のやりたいことが定まっていないということが挙げられます。自分のやりたいことが定まっていないと就活生はむやみやたらに企業の選考を受ける傾向があります。しかし、企業が求めている人材と一致することはなくほとんどの選考で失敗してしまいます。

また、失敗してもその反省をすることなく次の企業説明会や選考に進んでしまうため、いつまでたっても内定を獲得することはできません。選考で落ちた原因を細かく分析して次の選考に活かすように就活を進めることが非常に大切になります。

原因がわからない就活生は模擬面接を大学の教授に頼みアドバイスをもらうなどして積極的に活動して改善しなければなりません。

前述した通り、就活は一人が何社のも企業から内定を獲得する人と、一社も内定を獲得できない人に分かれる傾向にあります。前者になるためには自分のやりたい仕事についてじっくりと検討することと、失敗を糧にすることが大切です。

就活に失敗していても原因をしっかり分析して次に活かすことができれば内定が獲得できるようになります。

身近な友人などで就活が順調に進んでいる人がいる場合は、そうした人の就活を参考にすることも有効です。同じ業界を志望している友人がいる場合は情報を共有するなどして、失敗の原因を明らかにすることが大切になります。

就活生は同時に何社の選考に参加できるのか

就活生は同時に5社程度の選考は参加できます。企業説明会は一般的に1社が2時間から3時間程度の時間を使って行います。しかし、面接などの選考は1社で1時間程度しかかかりません。そのため、同時に5社程度の選考は可能になります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です