就活での「気になるニュース」の質問への答え方|見るべきメディア

就活面接での「気になるニュース」についての質問

就職活動において、面接のクオリティは、合否に関係する非常に重要なものとなって来ます。定番の質問内容については、答えやすいよう前もって準備をしておくと、面接本番で焦ってしまわず、落ち着いた応対を実現しやすくなりますよね。

「気になるニュース」についての質問は、就活の面接では定番かつ重要なもののひとつです。答える内容によって、あなたの人柄や、普段からどのような物事に関心を持っているのか、どういった見解を抱いているのかなど、入社してからの様子にも深く関わって来る可能性が高いからです。気になるニュースを聞かれたとき、どのような応対をすれば良いのか、具体例をピックアップしながら、詳しくチェックしていきましょう。

「最近のニュースで気になるものは?」と聞かれた場合の答え方

応募企業や業界に関係しているニュースを選ぶ

面接で「最近のニュースで気になるものは?」と質問された際には、出来るだけ応募した企業や業界に、関係あるニュースを選んで答えるようにしましょう。まったく関係の無いニュースを持ち出すより、面接官とのやり取りも進めやすいですし、問題意識のアピールにも繋げやすいです。質問内容の展開もしやすいため、その後の面接の流れも、スムーズかつ魅力的なものに進めていきやすいと言えるでしょう。

フレッシュなニュースを選ぶ

「最近気になるニュース」ですから、情報自体が最近のものである必要はないのですが、やはり旬でトレンドなニュースを選んだ方が、より広いアンテナを張っているということをアピールできます。面接官も対応しやすいですし、フレッシュな内容は話題の展開もしやすいです。

また、あまりに古いニュースをピックアップしてしまうことによって、「新しい情報に興味を持っていない」「時代のスピードについていけていない」などのネガティブなイメージに繋がってしまう可能性もあります。得点を高めるだけではなく、思いがけないところでマイナスにしてしまうことがないよう、常に新しいニュースを用意しておくようにしましょう。

自分の意見をしっかり述べるようにする

たとえ、「どんなニュースに関心を持っているか?」と聞かれただけでも、自分の意見をはっきり付け加えるようにしましょう。面接官は、ただあなたがどんなニュースに関心を持っているかだけではなく、その裏にある具体的な理由や根拠、ニュースに対するあなたの意見や考え方などを知りたがっています。

ただし、ここで人の意見の受け売りをしてしまわないように気をつけてください。面接官はたくさんの応募者と話していますから、自分の意見ではなく、どこかから引っ張ってきている意見に対しても敏感です。話題の人のコメントや、就活対策本に書いてある内容をそのままにせず、あくまで参考にする程度で、自分なりの考え方やアレンジを反映するようにしましょう。

政治や宗教に関わるニュースは避けた方が無難

政治や宗教に関するニュースは、しばしばピックアップされやすく、多くの人が認知しやすい傾向にありますが、自ら持ちだすのは避けておいた方が無難でしょう。公平な選考をしている面接官も、感情が入りやすい傾向にある話題でもありますし、相手や自分の立場の違いが、面接の結果に良い影響をもたらさない可能性もあります。

どんな政治や宗教を支持するのか自体は、個人の自由であり権利でもありますが、面接という就活の重要なシーンで、偏りが出やすい話題を持ち出すことで、リスクを鑑みられない人ととらえられてしまう危険性もあり得ます。

自分が得意なジャンルに誘導する

「最近のニュース」という質問では、あまりに漠然としており、答えにくいという場合もあるでしょう。しかし、唐突な話題選びに戸惑ってしまったり、うまく話が展開できなくなってしまったりするケースもあり得ます。

あなたが話を進めやすい方に持っていくためには、一言前置きを入れるのがおすすめです。面接官からの質問があったら、「経済ニュースで申しますと、○○のニュースが気になっています」という答え方や、「先週のニュースですが、××という内容に関心を持ちました」といった話し方をすることで、前もって詳しい回答を用意している方面に、流れを運びやすくなります。

ただし、この前置きは、あなたより先に面接官が行ってくることもあります。「最近の経済ニュースで、気になっているものはありますか?」といった質問や、「ここ一週間のニュースで、あなたが関心を持ったものを教えてください」などといった言い方することで、より頻繁かつ詳しくニュースをチェックしているのかを確かめて来るのです。やや難易度が上がる内容ですが、毎日こまめにニュースに目を通すようにしておくことで、クリアしやすくなるでしょう。

回答例をチェックしよう

「私が最近気になっているニュースは、「先月は韓国からの訪客数が大幅に増加したというもの」です。「都内の小売店では、どこも軒並みに売り上げが上昇し、中には売上が昨期の五倍以上にまで到達した企業もある」という内容を請け、観光業を志望している身として、非常に深い興味を持ちました。

日本に訪れる韓国人の観光客の比重は非常に重要と聞いています。彼らどのように満足してもらい、また来て頂くために何をすべきなのかという点は、これまでも意識していたことなので、意外な数字に興味を抱きました。」

「私が最近気になるニュースは、○○などのブランドを手がけている株式会社××が、中国でアパレルブランドを集めた大型店舗をオープンするというニュースです。現在、アパレル業界を志望している身として、中国への事業進出は欠かせないものだと感じてきました。

業界全体に影響を与える大きなニュースであるとも思います。世界有数規模の中国というマーケットにおいて、SPAというやり方ではなく、新しいスタイルでの進出に、驚きと興味を持ちました。今後の動向にも目が離せないと思っています。」

「〜のニュースについてどう思いますか?」と聞かれた場合の答え方

ニュースについて考える力を問われている

「~のニュースについてどう思いますか?」という質問は、面接官がピックアップしたニュースに関する考え方や価値観だけではなく、物事に対してどのように感じ取り、分析しているのかを問われていることが多いです。

提示されるニュースの内容は、時期や業界、業種や面接官によっても異なっていますが、多くの人が広く知っているニュースや、業界内で非常にトレンドなニュースであることが多いです。主要なニュースを知っているかどうかという点のチェックと、あなたの考える力そのものを知りたいわけですから、自らの考えを、論理的かつ分かりやすく説明できるようにしておきましょう。

日ごろから、目立つニュースには目を通し、「そんなニュースは知りませんでした」という事態に陥ってしまわないよう、対策を取っておくことも大切です。また、意見は過激になりすぎてしまったり、極端な内容になりすぎてしまわないように、前もって軽く推敲しておくこともおすすめです。

回答例をチェックしよう

面接官の質問「○○国の経済危機のニュースについて、あなたはどう思いますか?」

あなたの回答
私の意見としては、まず○○国が、いま改めて緊縮財政に取り組む必要があると思います。同時に、××や△△などをはじめとした、周辺諸国もある程度の譲歩をする必要があると考えます。

理由は、○○国がこのまま経済破綻してしまった場合、そのリスクは計り知れないからです。そもそもの原因は、軽い審査で巨額の貸し出しを実行してしまった、周辺諸国の責任もあると思っているからです。無論、まずは○○国が自助努力を再開するべきだとは考えますが、各国の譲歩無しでは、限界があると私は思います。

「今朝のニュースで気になったものはありますか?」と聞かれた場合の答え方

毎日ニュースをチェックしているのか確認されている

「今朝のニュースで気になったものはありますか?」という質問は、毎朝ニュースをきちんとチェックしているのか知るきっかけになります。面接官しては、やはり頻繁に社会の動向をチェックし、世間の流れについて敏感にいてほしいという気持ちが強いです。毎朝ニュースをチェックする習慣がついている人は、実際に社会人として働き始めてからも、毎日最新のニュースを持ちこんでくれますから、物事に対して、より最新かつ的確にアプローチできる可能性も高いです。

日々の生活リズムもありますから、必ずしも朝ニュースをチェックできないという人もいるでしょう。しかし、就活期間中は、出来るだけ朝ニュース番組をチェックするようにしたり、移動中にニュースサイトや新聞などを活用して、最新のニュースを仕入れるようにするなどの心がけを進めてみてください。

昨日のニュースを仕入れておこう

朝、どうしてもニュースを仕入れられなかった場合、解決策のひとつとして、「今朝はまだ新聞を読んでおりません。帰宅次第、目を通す予定でいます。」というものがあります。こうすると、面接官としては「では、昨日気になったニュースはありますか?」といった切り替えしをすることが出来ます。

あるいは、自ら「昨日気になったニュースがあるのですが、よろしいでしょうか?」という回答をすることで、ニュースに対しては常にアグレッシブな体制でいることをアピールできますし、積極的な姿勢を知ってもらうチャンスにも繋げられるでしょう。

回答例をチェックしよう

今朝は、○○市に設置された赤ちゃんポストのニュースに興味を持ちました。

私が観たニュース番組内では、実際に赤ちゃんが預けられているシーンを再現しており、正直とても驚きました。同時に、その後読んだ新聞記事の中で、国内では年間200件以上の赤ちゃんの置き去りが発生していることや、諸外国にも同様の赤ちゃんポストが多数設置されていることも知りました。

一方で、赤ちゃんポストを設置することによって、様々なデメリットも危惧されていることを知りました。赤ちゃんポストの設置により、ただ命を救えるようになるというだけではなく、赤ちゃんの置き去りが促進されてしまったり、無責任な出産が後を絶たなくなってしまったりするという意見を聞いたとき、賛否両論で一朝一夕には解決しない問題なのだと、深く受け止めると同時に、今後の動向にも興味を抱きました。

面接官がニュースについて質問してくる理由は?

受験者の情報感度についてチェックしている

世の中の動きをはじめとして、業界の動向や将来性について、より深く敏感に考えている人の方が、働きやすい環境は多いでしょう。ニュースについての質問をする際には、面接の際に「世間の物事に対し関心を持っているか」「情報収集を行っているか」などのポイントをチェックしているのです。

自分の考えを深める活動をしているかチェックしている

面接において質問されているのは、ニュースについてただ知っているか否かではありません。「どのようなニュースに関心を持ったか?」「このニュースに対してどう思ったか?何を考えたのか?」「何故そのニュースに関心を抱いたのか?」など、ひとつの報道に対し、受験者がどういった考えを抱いたのかを質問しています。

情報に対してどのように向き合っているのかはもちろん、その人の価値観自体も知りたいという点から、面接官が質問をしていることも多いです。

普段から効率よく情報収集する方法

ニュース番組

忙しい時間帯に、効率良くニュースを取り入れる方法のひとつです。生活習慣ごとに、決まったニュース番組を付けられるようにしておくのも良いでしょう。食事をしながら、家族と話しながらなど、ある程度受動的にニュースを取り入れられるようにするのもメリットです。

ニュース番組を流しっぱなしにしておいて、面接に有効活用できそうな内容になったときや、興味がある内容が流れたときなどに、詳しく向き合えるように構えることが出来るでしょう。

朝のニュース番組は定番ですが、昼や夜にも時間帯ごとにしっかり用意されています。あなたの生活リズムに合わせて、ひとつはチェックする番組を決めておくと良いですね。キャッチーでトレンドな内容も、テレビ番組からは取り入れやすいです。

新聞

就職活動中は、出来るだけ新聞に目を通すようにしましょう。世間の旬なニュースはもちろんのこと、経済をはじめとした、面接時に取り入れやすいニュースが豊富に掲載されています。文字で読み込むことによって、関心を深めるきっかけにもなりますし、内容の把握もしやすくなります。

日本経済新聞などは、就職期間中に読みやすい定番の新聞です。面接の数日前の、ニュース準備のときだけ購入する人も多いです。ビジネスマンが多く取り入れている新聞でもあるため、面接官と共通の話題にもなりやすいでしょう。

近年では、紙の新聞だけではなく、オンラインで入手できる電子書籍版も人気があります。かさばることなく、移動時間や休憩時間などの隙間時間を有効活用しやすいため、タブレットやスマートフォンからチェックすると良いでしょう。バックナンバーもチェックしやすいので、面接前の確認にも向いています。

ネットニュース

ジャンルごとにより細分化されたニュースを、ダイレクトに取り入れやすいのはネットニュースです。こちらも、電子書籍版の新聞と同様に、移動時間や休憩時間など、隙間の時間をうまく活用して、ニュースを取り入れたいときに向いています。

大手のポータルサイトであれば、ジャンルごとに有名なニュースをピックアップしてくれるため、惹かれた見出しから、ニュースを詳しく知ることもできます。世界情勢や経済などは、刻一刻と変化する内容を、リアルタイムで知ることが出来るというメリットも大きいでしょう。

コメント機能などがあるニュースサイトであれば、世間の人がどのような感想を抱いているのかも、やはりリアルタイムで目にすることが出来ます。自分以外の人がどんな意見を抱いているかを知れるのも、ネットサイトならではのポイントだと言えるでしょう。

面接はニュースでキマることもある

いかがでしたか?

就職活動を進めていく上で、面接におけるニュースの質問は、非常に重要な役割を果たしています。あなたが社会人として働く上での、考え方や価値観などをチェックされていることも多いからです。

日ごろからニュースに目を通すクセを付けておくようにしましょう。特に、経済やビジネス、志望している企業や業界のニュースは重要です。テレビニュースや新聞、ネットニュースなどを、自分に合う方法でチェックするようにしましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。