インターンシップで内定はもらえるのか|内定以外のメリットとは

内定直結インターンとは

インターンシップとは、企業が採用活動を始める前のいわゆる「職場体験」のことで、元々は採用活動というよりかは就活生が選考に応募するための、企業選びの一環として行われていました。

しかし、近年では、インターンシップでの評価が選考に直接影響する「内定直結インターン」というケースが徐々に増えてきています。経団連は新卒者の採用活動に関しては、時期を揃えて同時にスタートしようという独自のルールを定めており、経団連に所属している企業は基本的にそのルールを守らなければなりません。

しかし、表向きはインターンシップが選考や内定に影響しないと言いつつ、実際はインターンシップで高評価だった学生が、形ばかりの選考を受けて内定を獲得しているということもあるようです。そのような現状になっている背景には、経団連に加盟していない外資系の企業などが、より優秀な就活生をいち早く獲得するために、早い時期から採用活動を始めることが多少なりとも影響しているようです。

一時期は不景気のあおりを受けて、企業が就活生を選ぶ買い手市場だったのですが、近年では就活生が企業を選ぶ売り手市場になりつつあり、いち早く採用活動を開始することが優秀な就学生を獲得するセオリーとなりつつあります。ですから経団連のルール通りに採用活動を開始していては、優秀な就学生たちが他の企業に取られてしまうということにもなりかねないのです。

そこで、企業側は、本選考はルール通りに開始するものの、インターシップで就学生を選び採用したいと思う人材を確保して、本選考が始まったらすぐに内定を出すという内定直結インターンと呼ばれるインターンシップが増えているというわけです。

また、通常の選考では、エントリーシートや面接など短い時間で採用の合否を決定しなければなりませんが、内定直結インターンで実際に業務に携わってもらうことで、就活生の人間性や業務内容との相性をじっくり観察できるといったメリットもあります。

そして、就活生にとっても、実際の職場で業務を体験することでイメージと違っていたといったような事態を避けることができますし、早期内定を得ることは、今後の就職活動に気持ち的な余裕や自信ができ、自分が本当に就職したい第一志望である企業の選考に集中できるといった利点もあります。

企業側と就活生側双方にとって、内定直結インターンはメリットがある方法なので、そういった採用活動が浸透するのも自然の理と言えるのではないでしょうか。実際、内定直結インターンで早期内定を獲得するインターン組は年々増加しており、インターンに参加せずに選考を受けている学生からは不平等だというような不満が出ることもあるほどです。

では、内定直結インターンに参加して内定を獲得している人は、実際にどの程度いるのでしょうか。またインターンシップに参加して内定につなげるコツはあるのでしょうか。次からの章で少しずつ解説していきましょう。

インターンから内定をもらうことはできるのか

結論から言うと、インターンシップで内定を獲得している人は、一定数以上は必ずいるというのが答えです。しかし、内定直結インターンを実施している企業の場合でも、インターンシップ参加者全員に内定を出しているわけではありません。内定直結インターン中に企業に「採用したい人材」として評価されることが必要となります。

そして、その評価を判断する基準は、本選考と同レベルの採用基準が適用されます。インターン中だからといって評価をする就学生への採用基準が甘いとか、ハードルが低くなっているということではありませんので、それだけは勘違いしないようにしましょう。

しかし、本選考では、数千人の中から一定数に絞られて採用されることになるわけですから、内定直結インターンの方が当然競争率は低くなります。また本選考では短時間で自分をアピールしなければならないのに比べて、インターンシップの場合は社員と接する時間が長くなるので、アピールチャンスや時間そのものも多くなります。ですからたとえ採用基準に変化はなくても、選考に有利なことには間違いありません。

インターンからの内定率は?

インターンに参加した人が、その会社で内定を受けている割合は一体どのくらいになるのでしょうか。就活生側の意見としては、インターン参加者の2~3割程度が、実施した企業での内定を獲得しているというのが現状のようです。

逆に企業側のアンケートでもインターンシップ参加者から内定者が出ていると答えた企業は、全体の6割以上にのぼりました。内定直結インターンを実施しているような企業においては、内定者の2人に1人がインターンシップ参加者という企業もあるようです。

内定率は企業によってまちまちですが、内定者の中にインターン参加者が全くいないと答える企業が3割程度しかいないことからも、内定直結インターンの実態がうかがい知れるのではないでしょうか。

インターンから内定につなげるためにすべきこと

では内定直結インターンに参加して内定を獲得するためには、具体的にどうすればいいのでしょうか。まず企業側が、インターン参加者である就活生に何を求めているのかを知る必要があります。企業側は就活生が業務に対して真面目であるか、誠実であるかといったような人間性や、仕事に対して積極的な興味を持てているかといったことをチェックしています。

また、他の社員との相性や協調性、責任感といったことも評価しています。企業が新卒生を採用する時に、即戦力として求めることはほぼありませんから、仕事ができるかどうかはあまり重視されていません。というか新卒生が、仕事ができないのはある意味当たり前なので、インターンシップ中にミスをしたからといって諦める必要はありません。

むしろ、ミスをした後、社員の指摘を受けてどう動けるかということを見ています。ミスをした時になにがいけなかったのか、自分の中で咀嚼してその反省点を自分のものにしていかなければ、結局何度も同じ間違いを繰り返してしまうでしょう。指摘されたことをしっかりと理解できるか、素直に指摘を聞き入れて修正をすることができるのかといったことの方が、よほど大切なのです。

同じミスを繰り返さない、与えられた課題について責任をもってやり遂げようとする姿勢が最低限必要でしょう。さらに言われた仕事に対して、自分なりの創意工夫を加えてより良いものを作り出そうとする姿勢は、高い評価を得ることができるチャンスにもなります。

その時も自分勝手に進めるのではなく、社員に自分の提案をまずは相談することが大切です。きちんと社員に相談することができれば、提案力や向上心を評価してもらうことができるでしょう。

内定以外でインターンをやるメリット

ミスマッチを防げる

まず一番大きなメリットは、入社する前に実際の職場を体験できるということが挙げられます。最近では入社をしても、3か月以内に退社してしまう新卒生が3割にも上ると言われています。

就活中にはそれなりに企業研究もして、この会社で間違いないと面接を受け見事採用されたにも関わらず、実際の職場に入ってみてこんなはずではなかったと退社するハメになってしまうのは悲劇でしかありません。

実際しっかりと企業研究をした上でインターンシップに参加して内定を得たものの、インターンシップ中に自分が今後その会社で活躍していくにあたって、仕事に求めているものと現実の業務では何かが違うと感じる人も少なくありません。

もし、インターンシップに参加していなければ、入社後それに気づくことになるわけです。そうすると後戻りはできない状況で、我慢して働くかもしくは入社直後に離職するという選択肢しかなくなってしまいます。

インターンシップ中に気付くことができれば、志望企業を変えたり、違う業界に方向転換をするということも十分可能です。インターンシップはリアルな職場環境を体験することができるチャンスですから、企業と自分の相性が合致しているかしっかりと見極めましょう。

社会人として働く具体的なイメージ

就活生はアルバイトなどの経験がある人も多いですが、正規社員として働くのはおそらく初めての経験になるでしょう。インターンシップに参加して社会人の中で実際の業務に触れられる経験は、社会人としての自覚が自然と芽生えますし、就活においてのモチベーションにもなるでしょう。そういった自然に芽生えてくる自覚は本人が気づいていなくても、本人が醸し出す雰囲気に出るものなのです。

面接やESの練習

インターンシップに参加するためには、面接が必要な企業も多くあります。企業が行う面接を受けることで、面接の練習をすることができますし、数をこなせば面接官が投げる質問から、何を知りたいのかをくみ取るコツをつかむこともできるでしょう。

また、インターンシップ中に社会人と関わることで、面接官の前に出た時にも変に身構えることなく、自然体で受け答えができるようになります。そしてインターンシップ中の経験は、どんな些細な経験でも必ず自分を成長させる材料になります。

社員から受ける指摘は、自分の強み弱みについての客観的な意見でもありますから、エントリーシートを記入する上でも役に立つでしょう。インターンシップに参加していない就活生の志望動機は教科書から抜き出したような内容であるのに比べて、実際に業務に携わった経験を踏まえた志望動機や自己紹介は、面接官の心に訴えかける内容にすることができるでしょう。

就活生同志のコミュニティ

早期にインターンシップに参加している学生の中には、就職活動に関する情報を入手するためのアンテナを高くして、いわゆる情報通な人もいます。インターンシップ中に就活生同志でコミュニティを形成することができれば、自分だけでは知り得なかった情報を得ることもできるでしょうし、就職活動で困ったことがあったときに率直な意見を言ってもらえる仲間となるでしょう。

お互いに就活生という同じ立場にありますから、面接の練習相手になるなどして協力し合うこともできます。

ブラック企業を回避する

リアルな職場環境を体験できるというメリットにも通じるところがありますが、インターンシップに参加することは近年問題視されているブラック企業に入社してしまう危険性を回避できるというメリットもあります。インターンシップ中に関わる社員は、その会社に入社した場合の将来の自分の姿です。

仕事に追われて残業ばかりだったり、連日徹夜をしていたり、会社の必要経費であるはずの出費を社員が自腹で払っていたりしている場合は要注意です。企業が社員をどう扱っているのかといったことも、しっかり観察しておきましょう。

インターンでもらった内定は辞退できるのか

内定直結インターンの場合でも、もらった内定を辞退することはもちろんできます。インターンで内定をもらっても、他に進みたい業界が見つかった場合や、その企業で働いていくイメージが湧かないという場合は、なるべく早い時期に企業側に連絡を入れてきちんと辞退を申し出ましょう。

辞退するかどうか決めかねている場合も、その気持ちを正直に伝えて辞退の可能性も有りうることを申し出ておく方がよいでしょう。ただ企業はインターンでのあなたの様子を見て、ぜひ採用したいと判断して内定を出していますから、すんなり「はい、そうですか」とはならない可能性も十分にあります。

辞退したいという気持ちを伝えれば残念がられるでしょうし、引き止められるようなこともあるでしょう。そういった時でも申し訳ないからとか、断り切れないとかいう理由でしっくり来ていない会社に入社することがないようにしましょう。新卒後の入社は人生の中で一回こっきりです。

もしかすると人生の中で長い時間を過ごすかもしれない会社なので、内定を辞退するかそのまま入社するかは自分で判断をするしかありません。よくよく考えてそれでも辞退したいという時は、誠意をもって企業側に連絡を入れてお詫びをしましょう。

インターンでもらった内定の辞退を申し出る連絡方法は、できればメールではなく電話、もしくは直接来社して伝える方が良いでしょう。メールでは気持ちをきちんと伝えるのは難しいでしょうし、電話をした場合でもおそらくは会って話をしようという流れになるでしょう。

連絡をする時は、内定を辞退したいという意志表示と、なぜ辞退したいのか理由をしっかり説明しましょう。辞退をしたい理由もできるだけ嘘をつかずに、正直な気持ちを話した方が良いですが理由があまりにも失礼な場合は、理由の中でも伝えて差付けないよう、言葉を選んで伝えるようにしましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。