会社説明会には何分前に着くべきなのか|遅刻したときの対処法

会社説明会は何分前に着くのがベストなのか

就職活動を行う上で、会社説明会への参加はファーストステップともいえます。説明会は会社の基本情報に加え、今後の選考スケジュールなどの貴重な情報を手に入れることができる、最初にして最も重要なステップのひとつです。しかし、就活生にとっては選考で不利を被らないように気を使いすぎて、ちょっとしたことにナーバスになりがちな傾向があります。

しばしば就活生を悩ませるのは、会社説明会の会場には何分前に到着するべきなのか、という問題です。もちろん、遅刻は避けるべきなのは言うまでもありませんが、ギリギリに到着するのも良くありません。説明会会場への到着時刻は一体どれくらいが最適なのでしょうか。

結論から言えば、指定時刻の10分前が標準的な到着時刻でしょう。早すぎることもなく、遅すぎることもない時刻です。会場に入る前に身だしなみのチェックなどを済ませ、会場入りしてから説明会が始まるまでの10分程度で質問事項の整理などを行い、大切な情報を取りこぼさないようにするための準備を行うことが重要です。

会社説明会に早く着きすぎてしまうのは逆効果?

では、開始時刻の10分前より早く説明会へ到着するのは避けるべきなのでしょうか。結論から言えば、早すぎる到着は企業側に迷惑をかける可能性があるため避けるべきといえます。

企業側は説明会開催のためにさまざまな準備を行っていますが、あまりに到着時刻が早いと就活生を受け入れる準備がまだ整っていない場合もあるのです。その場合、準備が整うまでその学生をどこかで待たさなくてはならないため、企業側に迷惑がかかってしまいます。

そのため、早く到着するにしても、最大で20分前程度が限度であるといえるでしょう。

会社説明会の時間を間違えてしまったときの対処法

就職活動を行う上で重要なことのひとつにスケジュール管理があります。受験企業を増やせば増やすほど、選考日程が増えるわけですから何日の何時からどの企業の選考があるのかについては逐一管理をしていく必要があります。

しかしながら、時としてスケジュール管理ミスによって会社説明会の時刻を間違えてしまうこともあります。こういった場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

説明会の時間を間違えていることに気付いた時点で説明会が終了していた場合は、説明会を無断欠席したことになっていますので、気付いた時点で必ず電話で連絡を入れ、自分のミスを認めた上で謝罪しましょう。その上で、次回説明会が開催される場合にはそちらへの参加をお願いすることが重要です。

会社説明会に遅刻してしまったときの対処法

では、説明会に遅刻する場合にはどうすれば良いのでしょうか。

まず、時間の間違いに気付いた時点で説明会へ遅刻することが明らかな場合は電話で担当者に遅刻の旨を連絡することが必要です。緊急を要する場合の連絡はメールではなく電話連絡が常識ですので注意しましょう。

企業によって、遅刻者の対応が異なりますので、担当者からの指示を聞いた上で次の行動に移ることが大切です。遅刻者の説明会参加を受け入れていない場合は、別日程の説明会への振り替えを案内される可能性が高いでしょうし、この場合は電話口で次回の説明会の案内をされるものと考えられます。

会社説明会に遅刻することは採用に関係するのか

説明会に遅刻してしまった場合、今後の採用にマイナスの影響を与えてしまう可能性はあるのでしょうか。企業によって遅刻者への対応はまちまちですが、場合によっては不利になることもあるというのが実情です。

企業からしてみれば、説明会へ遅刻する学生は例年一定数存在しますのでさほど遅刻したという事実そのものを重く受け止めている場合は少ないかもしれません。しかし、遅刻後の対応次第では選考が不利になることも考えられます。

もちろん、いくら丁重にお詫びしたからと言って今後の選考が有利になることはありませんので良くてプラスマイナスゼロ、といったくらいの覚悟でいる必要があります。

会社説明会について企業にメールや電話をする時のベストな時間帯

説明会について、直接企業側へ連絡を入れなくてはならない場合も就職活動を行う上ではありえます。遅刻や無断欠席の場合には、電話連絡を入れる必要があることは先ほど解説したとおりですが、別企業の選考日程が被ってしまった場合などで、説明会日程を変更したい際にはどの時間帯に連絡を入れるのがベストなのでしょうか。

電話連絡を入れる際に、まず避けなければならないのは昼休憩を取っていると考えられる12時から13時の間の連絡です。担当者が不在である確率が高いことに加え、場合によっては非常識な学生としてマークされかねませんので、注意が必要です。また、始業直後の連絡も避けるべきです。

できるだけ早めに連絡を入れたいという気持ちも大切ではありますが、始業直後は朝礼を行っている場合もあるためこの時間帯での連絡は結果的に企業側に迷惑をかける可能性があるのです。そのため、朝一番に連絡を入れたい場合は、始業時刻から30分程度経過した段階で連絡を入れるのがベストであると考えられます。

しかし、メールでの連絡を入れる場合にはこの限りではありません。メールの確認、返信は先方の都合の良い時間に行われることですし、送信時間を気にする必要は基本的にはありません。

また、説明会日程変更の連絡を入れる際に、日程変更をお願いするに至った具体的な理由を述べる必要はありません。他企業の日程と被ったため他企業の選考を優先するということを正直に伝えてしまうと、人事担当者がその学生に対して、自社に対する志望度が低いのではないかと疑念を抱いてもおかしくはありません。それがきっかけで選考が不利に働くことは考えにくいですが、伝える必要がない情報は伝えなくてよいのです。

最近では、就活ナビサイト上から説明会の日程変更が可能なケースもあります。この場合は、特別な連絡を企業に入れる必要なく画面上から変更手続きが完了しますので便利です。企業は煩雑な連絡を避けるためにナビサイトを介して説明会日程予約のシステムを利用していることもあるため、変更の連絡をわざわざ入れる必要はありません。

会社説明会で企業に訪問する時に注意すべきこと

説明会はその企業についての情報を仕入れることができる貴重な機会です。せっかくの機会を無駄にしないよう、注意するべき点がいくつかあります。

まずは、説明会参加にあたって自分が抱いている疑問点を明らかにしておくということが重要です。受身の姿勢で説明を聞くだけはなく、自ら疑問点を明らかにしていくという姿勢も大切です。説明会の前に採用ホームページなどを通じて企業研究を行い、質問リストを作成しておくことが大切です。

説明が終了したあと質問の時間が用意されていることが多いため、その時間を利用して積極的に質問行い疑問点を解消する姿勢が必要です。説明会終了後も、社員に自由に質問できる場合が多いため、質問しきれなかった場合は直接社員に質問しに行くことも大切です。

また、説明会の会場が社内に設定されている場合は、社内の雰囲気を知ることができる貴重な機会でもあります。説明会のあとに、社内見学が予定されていることもありますので、積極的に参加することで企業の判断材料を増やしましょう。

就活生は、説明会であっても選考の一部ととらえることが重要です。社員や人事担当者に迷惑をかけないよう、礼儀とマナーに注意して説明会に参加するようにしましょう。