会社説明会で持っていくべき持ち物|説明会前にやるべき準備

会社説明会で持っていくべき持ち物リスト

就活の第一段階といっても良い会社説明会。果たして何を持っていけばよいのでしょうか?会社説明会に持っていくべきものをリストアップすると以下のようになります。

1.筆記用具

メモを取るためのシャープペンシルだけでなく、企業が配るアンケートやエントリーシートに書き込むためのボールペン(油性・ゲルインク)は必須アイテムです。エントリーシートには使うことができませんが、修正液・修正テープもあると便利です。

2.メモ帳

企業の説明をメモするためにメモ帳も必要です。大きさ・種類はどのようなものでも構いませんがA4程度の大きさがあるとメモや就活戦略のフィードバックなどを十分に書き込むことができます。

3.スケジュール帳

就活中はスケジュール帳を常に持参することで、スケジュールを漏れなく管理できるようにしましょう。会社説明会で選考スケジュールが説明される場合もありますし、OB選考会などその場ですぐにスケジュールを確認できるスケジュール帳が役立つ場面は多いです。書店や雑貨店には「就活手帳」という就職活動に特化したものもあるので便利です。

4.クリアファイル

会社説明会では多くの書類が配られますが、一般資料に混じってエントリーシートのような重要書類が配られることもありますので、それらを綺麗に保存し、なくさないためにもクリアファイルに保存するようにしましょう。

5.カバン

色は黒や紺色などの落ち着いた色で、A4サイズの書類が入るものを選びましょう。就活では基本的にカバンは床に置くものですから、底が広く、床に置くと自立するタイプを選びましょう。

6.会社案内

会社説明会の前に会社案内を郵送したり、HPでダウンロードする企業もあります。説明会の待ち時間などに会社案内を読み込んでおくことで、説明会を効率よく活かすことができますし、疑問点などをあらかじめ炙り出すことができますので即興で考え付く場合と違い、スマートに質問することができます。

7.地図

会社説明会は本社ではなく、街中の会場を貸しきって行われたり、他の企業と合同で行われたりすることもあります。説明会に遅刻などしないように地図を持参しましょう。スマートフォンでも道のりは分かるものですが、万が一充電が切れたり故障した場合のことも考えると紙の地図も持っておくに越したことはないでしょう。

8.記入済みの履歴書(求められた場合)

企業によっては説明会の後で履歴書の提出を求められることもあります。複数社を回るので手書きは面倒だというのならばパソコンで作成し、量産できるようにしておく方法もあります。大手企業でないベンチャー企業などでは説明会に来た就活生を積極的に採用しようとするところもあります。あらかじめ企業HPや就活口コミサイトなどでしっかり研究しておきましょう。

9.印鑑・学生証

企業が往復分の交通費を支給してくれる場合は印鑑や学生証が必要となります。履歴書・エントリーシートの訂正に用いる印鑑もそうですが、就活ではシャチハタと俗称される浸透印は用いることができませんので注意しましょう。

10.ハンカチ・ティッシュ

説明会は真夏の暑い盛りにも行われます。汗だくでいることはエチケット違反ですから気をつけましょう。制汗剤や脇汗パッドなども夏場対策には有効です。

会社説明会で持っていると便利な持ち物リスト

会社説明会に必須というわけではないのですが、あると便利なアイテムをリストアップすると以下のようになります。

1.折り畳み傘

梅雨の時期も会社説明会は行われます。他の時期でも移動中に天候が変わる可能性は十分にあります。雨に濡れたスーツはしわがついてしまいますし、何より見栄えが悪いので折り畳み傘を携行して雨に備えましょう。

2.名刺

就活用に名刺を作成したならば持参しましょう。説明会後に人事担当者に話しかけ、質問などをした後で名刺を渡せば印象に残りやすく「熱心な就活生だ」と好感をもたれるでしょう。デザインは奇をてらわずビジネススタイルの常識的なものでなくてはなりません。名刺を現在持っていないのであれば無理に作る必要はありません。

3.携帯電話と充電器

就活もピークになると、説明会の合間などにも他の企業から連絡が入ったりするものです。それらにすばやく対応していくためにも携帯電話は持ち歩くようにしましょう。また連絡は電話が中心となりますので怖いのは充電切れです。コンセント式の充電器ならば大手チェーンの喫茶店やファストフード店で充電が可能ですし、リチウムイオン電池のバッテリーならば自宅で充電した大容量のバッテリーに繋ぐだけで充電することが可能です。

4.ストッキング(女性の場合)

会社説明会へ移動中にストッキングが伝線してしまう可能性もあります。予備のストッキングを携帯して不測の事態に備えましょう。

5.ICレコーダー

カバンの中にICレコーダーを入れて録音すれば後から内容を確認することができます。ただしICレコーダーで録音してることで油断して、話が頭に入ってこない場合もあります。無駄をなくすためにもICレコーダーを使っていても基本的には説明会の現場で理解する姿勢が大切です。

また、しっかりと録音をするためにもカバンの中でどのように音が収録されるかをあらかじめ調べておきましょう。一般的な形のもの以外にもペン型のものなどもありますのでそちらを探して見るのもよいでしょう。

6.腕時計

会社説明会に限定されるものではありませんし、時間を確認するのならばスマートフォンで十分なのですが、社会人としては腕時計の着用が求められますし、後々の面接などでも必要になります。腕時計に慣れておくためにも説明会の段階から着用しておくのがよいでしょう。

会社説明会で持っていかない方がいい持ち物リスト

会社説明会に必要なもの・あると便利なものは分かりました。では、説明会に持っていかないほうがいい持ち物というのはあるのでしょうか?

1.アクセサリー

就活においてネックレス、ピアスなどはNGですので普段着用しているという人は外して行きましょう。ピアスの穴も塞ぐのがベストなのですが就活が終わってからまたピアスをするので塞ぎたくないという人はシリコン製・アクリル製の透明で目立たないものを着用するようにしましょう。

2.ストラップ

カバンやスマートフォンにストラップをつけている人は就活期間中は外しておくようにしましょう。

3.お菓子

会社説明会の待ち時間にお菓子を食べている就活生は時々いるのですが、非常識な行為ですのでやめましょう。

4.ノートパソコン

メモを取るためにノートパソコンを持参してパチパチ打っている就活生も稀にいるようです。「人事担当者がパソコンでメモを取るのならば就活生も同じことをしてよいはずだ」というのが言い分なのでしょうが、就活生は採用される側、人事担当者は採用する側です。

メモ目的であれ、プレゼンの最中にパソコンを打たれると「話を聞いているのかな」という気分に相手をさせてしまうのでイメージが悪い(と一般的にはされています)です。少しでもワル目立ちしてしまう行為はしないようにしましょう。同じような理由でスマートフォン・タブレットでメモを取る行為も推奨はできません(暇でいじっていると中年以上の世代は思うかもしれません)。

就活では少しでも周囲と違うことをするとかなり浮いてしまうものなのでなるべく「外見の個性」は捨て去るようにしましょう。

会社説明会に行く前にしておくべき準備

会社説明会に行く前にしておくべき準備はどんなものがあるのでしょうか?前日までに済ましておくべきことは以下のようになります。

①説明会の時間・場所を確認する

説明会の時間や会場を間違えないようにしっかりと確認しておきましょう。説明会に来た就活生を優先的に採用したり、履歴書をそのまま提出する企業、説明会の後は志望者のディベートが行われる企業などもあります。自身の志望企業がこのように説明会を重視する企業である場合は特に気が抜けませんので事前に下見をするなどしておきましょう。

時間・場所で間違えが起こりやすいのは、
①午前の部・午後の部の2部制である場合
②本社ではなく支社や別の会議室で行う場合
③開催日によって時間や場所が異なる場合
というパターンです。しっかりと確認しておきましょう。

②持ち物・服装の確認をする

上述した説明会に持っていくと必要なもの・便利なものを忘れずに持っていくようにしましょう。また、説明会の服装にも気をつけましょう。「私服で来てください」と指定されない限りはスーツで行きましょう。

夏場は暑いかもしれませんが、会社側が「クールビズ可」などとしていない限りはクールビズで行ってはいけません。また、クールビズが可能であっても可能なことは「ネクタイ・ジャケットを着用しない」ことだけです。クールビズ可であっても半袖のシャツはビジネスの場ではマナー違反となりますので避けましょう。

③企業HP・会社資料を熟読しておく

就活で企業を把握する第一歩は企業HPです。また、企業HPから就活生向けの資料をダウンロードする企業や説明会の予約をした段階で資料を郵送してくれる企業もあります。

企業の基本情報を頭に入れておけば説明会の内容がスムーズに頭に入ってくるでしょうし、就活生向けのページでスケジュールや応募方法、選考方式などの情報を得ることができます。説明会で「何か質問をして積極性を見せよう」と焦って「御社の理念は何ですか」「御社の支社は全国に何店舗ありますか」などと企業HPを見れば分かるようなことを質問して苦笑される就活生は少なくありません。

あまりに初歩的な質問をして「企業HPに書いてあるようなことも調べていないのか」と判断されないようにしましょう。説明会では「あらかじめ研究して不明な点を質問する」という姿勢が重要です。