商社にOB訪問するためには?|最適な時期・依頼方法・例文

OB訪問で商社の内定を獲得しよう

就活において商社は人気がある業界のひとつです。志望する商社で働いているOBを訪問することでその商社の社風や内情など実際に働いている社員でなければ分からないことを知ることができますし、その企業の攻略法も学ぶことができます。

それだけでなく場合によってはOB訪問によって内定が獲得できることもあります。一部の会社ではOB訪問から選考にあげてもらえたり、リクルーターがつく場合があるのです。「内定が近づく」なんてどころじゃない良いことづくしのOB訪問について商社にフォーカスしてご紹介します。

商社におけるOB訪問で好印象を与える質問のポイント

商社をOB訪問する際には質疑応答の時間が設けられます。どのような質問が好印象を与えるものなのでしょうか。

①企業研究してきたことをアピールする質問

企業研究をしっかりとしていることが分かる質問は好印象な質問の代表例です。質問によってOB訪問までに進めてきた企業研究の内容を検証することが目的です。事前に企業HPや就活サイト、ニュースなどの情報から自分なりに「社の方針・人事制度・業界戦略・経営戦略・将来への展望」「社員の業務の流れ」「社員の昇進モデル」などの仮説を組み立てておき、OB訪問の際の質問を通して検証・修正しておくのです。

仮説に修正の必要があったとしても、修正点をフィードバックすることでエントリーシートや面接といったその後の就活に活かすことができます。もし仮に「企業の実態」が自身の「企業選びの軸」に反するものであったのならば他の企業を選べばよいだけです。

このような「企業研究を検証する質問」によって自身の就活戦略を確固たるものにできるのです。採用担当者の好感度を上げるためにも「うちの会社が第一志望なのかな」と人事担当者に思わせることができるぐらいの質問を目指しましょう。

質問例

    • 貴社のホームページには、社員教育への取り組みということで「海外駐在社員の4割が大学留学も社の費用で行っている」とあったのですが、この留学制度は希望制なのでしょうか?

 

    • 貴社は製造機械の専門商社として業界トップシェアと営業網の広さを誇りますが、まだ営業所を設置していない中東・アフリカ地域への展開は計画されているのでしょうか?

 

    • 貴社の人事評価制度では「直近のプロジェクトの成否が担当チーム・インセンティブ給与に大きく影響する」と就職活動用のサイトで拝見しました。1つのプロジェクトの期間というものは大体どれぐらいのものなのでしょうか?また、新入社員もプロジェクトに加わることができるのでしょうか?

 

    • 貴社がトップシェアを誇る鉄鋼業界で国内メーカーは不振に苦しんでいます。海外展開の折にはどのように国産鉄鋼の長所をアピールする戦略なのでしょうか?また取り扱い品目のうち、海外鋼材がこれから多くなる可能性はあるのでしょうか?

 

  • 貴社の人事評価の柱の一つに「高い英語力」というものがありました。貴社HPや就職活動用サイトを参考にすると、入社5年目の段階でTOEIC750が目安とあったのですが営業職以外の部門の国内勤務においても同等の英語力を要求されるのでしょうか?

②意図と内容が1セットになった質問

質問の仕方としては基礎レベルの話ですが「意図」と「内容」を1セットにすることで質問を受ける側が答えやすい、伝わりやすい質問にしましょう。

質問例

    • 私は海外勤務に興味があるのですが、貴社に入社後海外勤務の機会が巡ってくるのはどのような場合でしょうか?入社後の年数や在籍部門などの実例をお聞かせ願いたいです。

 

    • 私は研究と現場の両方を経験してみたいのですが、貴社所有の研究所と貴社の現場の部門との間に活発な人事異動はあるのでしょうか?実例などがあれば教えていただきたいです。

 

  • 私は英語以外にロシア語と中国語を大学では勉強しています。貴社において一般社員の語学力は日々の業務や人事異動に影響するものでしょうか?

③OBの年次・部門によって質問の内容を変える

訪問したOBの年次や部門によって業務内容や仕事への思いは変わってきますから、毎回同じ質問では意味がありません。若手の社員相手にはその人の就活、とくに今の勤務先の内定を得るまでの過程についてを伺ってみるのもよいでしょう。

中堅ポジションの社員には仕事の内容や職場内で歓迎される人材についてなど、社員としての日々の業務・暮らしについて積極的に訊いてみましょう。勤務が10年以上に及ぶベテランは忙しいため会うことができる可能性は他の年代の社員に比べて低くなりますが、もし会うことができたならば(ある程度の人事に対する発言権もあるでしょうから)大チャンスです。

ここぞとばかりに企業研究の成果を見せ付けると同時に、「社の方針」だったり「業界の今後についての社の対応」など少し広大な視野の質問をぶつけてみて自身の「将来性」をアピールするのも手です。

また、ベテランだと就活生の面接経験がある可能性が高くなります。コンプライアンスで採用基準などを話せない可能性もありますが、「どんな就活生を採用するのか」「どんな人材を必要としているか」を尋ねるだけ尋ねてみるのもいいでしょう。

少なくとも「この企業に入社したい」という意気込みは感じられるので好感をもたれることでしょう。質問すべきことを尋ねた後では自身の面接の模擬演習をお願いしてみるのもよいでしょう。

商社におけるOB訪問の人数の目安

商社にOB訪問をする際に人数の目安などはあるのでしょうか?OB訪問に最適な時期は後述しますが、限られています。この時期を逃してしまうとOB側も訪問疲れしてしまって始めたばかりのころに比べて充実した対応が難しくなってしまいます。

ですから、2年次ぐらいから数年単位でOB訪問をするなどというプランでもない限りは就活解禁から本選考までの1,2ヶ月の間に会うことのできるOBに焦点を絞るべきです。また、訪問先のOBの年次や部署などは分散させることで複数の角度からの情報が手に入るようにしましょう。OBの年次ですが若手(~5年目)、中堅(6~10年)、ベテラン(11年~)の3段階の分類からそれぞれ選ぶとそれぞれの段階における社員の実態が分かります。

就活におけるOB訪問の目的は①訪問先企業の就活戦略の検証・補強②OB訪問で有望な就活生をスカウトする企業へのアピール、の2点といってよいでしょう。「訪問先企業の就活戦略の検証・補強」はどのような採用制度の企業に対しても有効なものですからしっかりと取り組む意義があります。

複数のOBからの情報を集めて就活戦略の検証・補強を行うことを考えると3~5人程度のOBには会っておきたいものです。OBひとりひとりとの質疑応答を充実したものとすることで、たとえそれが少人数であっても情報を集めて自身の戦略に役立てる目的は達成されます。

ですから他の就活生に混じって数ヶ月単位でOB訪問をし続けるのではなく、必要な情報を手に入れられたと判断したら次のアクションに移りましょう。

2点目の「OB訪問で有望な就活生をスカウトする企業へのアピール」は内定を自由応募よりも先に取得できるチャンスですから、そのような制度の商社においてはすでに就活の面接試験を受けているようなものです。

このときに何人ぐらいのOBを訪問すれば効果があるのかは一概には言えませんが、OB側の印象に残るためにもなるべく早めに会っておくのが得策です。そしてできる限り年次が高いOBと会うように心がけましょう。入社してからの雰囲気や業務、OBの就活エピソード・ノウハウなどの情報を集めるには入社してから数年程度の若手社員がうってつけですが、人事に対する発言権では中堅、ベテランとは比べ物になりません。

OB訪問で採用されることを狙うのならば、中堅・ベテラン社員に対象を絞って10人程度にあたってみましょう。その人数に当たってみて声がかからないようならば早めに自由応募のルートに切り替えなくてはなりません。

先述した1点目「訪問先企業の就活戦略の検証・補強」とのバランスをとりつつ取り組みましょう。OB訪問からの採用に関しては企業HPや就活の口コミサイトにしっかりと目を通して、その実態の把握に努めましょう。

商社のOB訪問の最適な時期はいつ?

商社にOB訪問をする時期ですが例年OB訪問のピークは本選考(6月スタート)の2,3ヶ月前すなわち3月、4月になります。しかし年度の節目に当たる時期なのでOB側も慌しく、就活生のために多くの時間を空けておくことはできません。

また何回も就活生の相手をするうちにOB側も疲れてきますからモチベーションも下がってしまいます。なるべく早いうちにアポイントメントを取ることで、OBのスケジュールに余裕がありモチベーションも高い時期に訪問するようにしましょう。

そのような時期に訪問することでOBもあなたの質問にじっくりと向き合ってくれるでしょうし、比較対象となるライバルがほとんどいない時期なので高評価を得やすいです。また、早い時期だと余裕があるので他の社員や上手くいけばそのまま人事に推薦してもらえる可能性もあるのです。

商社のOB訪問はメールか電話のどちらで依頼する?

OB訪問のアポイントメントを取るにあたってメールと電話のどちらがよいのでしょうか。どちらの方法も一長一短があり、メールは相手が読むまでに時間がかかりますし、電話は相手が仕事中だとなかなか繋がらない場合もあります。

結論から言うと日程調節の段階ではメールでかまいません。記録が残りますので勘違いすることも防げます。日程調節は、自身と相手の両方の都合に合わせなければなりませんからできれば1~2週間後までの間に3~5日ほど候補を挙げてみて相手に選択してもらいましょう。

メールは朝にチェックされることが多いので、遅くとも10時ぐらいまでに送っておくことで見過ごされるリスクを減らしましょう。

もしもOB訪問の日程が決定した後でやむにやまれぬ事情により、再度調整しなければならなくなった場合は必ず電話で連絡するようにしましょう。OB側は日程を空けているわけですから時間的にも礼儀的にも電話ですぐに連絡しなければなりません。もし電話が不在だった場合にはメールで連絡するようにしてください。

OBから電話やメールで連絡が来た場合には可能な限りすぐ返事をするようにしましょう。向こうは業務の合間に就活生のために時間を空けてくれるわけですから、ビジネスマナーに準じた対応が就活生側にも求められるのです。

電話の場合のOB訪問の依頼方法

電話でOB訪問を依頼するときのポイントは以下のようになります。

①敬語を使い、丁寧に話す

就活はビジネスマナーを見られていると肝に銘じておきましょう

②自分の大学名、どこでOBを知ったのかを伝える

いきなり知らない番号から電話が来るのですから、まず自分の所属を名乗り、OBの連絡先をどこで知ったのかを伝えましょう

③あらかじめ自分の空いた時間を把握しておく

OBが訪問を快諾してくれてから、スケジュールの空きを確認するようではいけません。すぐに空いている日時を提示できるように準備しておきましょう。

電話でOB訪問を依頼するときの例は以下のようになります。

○○大学△△と申します。○○大学就職課の名簿で●●さんを知り、お電話させていただきました。現在、就職活動を控えており、企業研究で御社に大変興味を持ちましたもので、是非現場のお話を聞かせていただきたいと考えました。お忙しいところ大変恐縮ですが、OB訪問のお時間をいただくことはできますでしょうか?

メールの場合のOB訪問の依頼方法

メールでOB訪問を依頼するときのポイントは以下のようになります。

①誤字脱字に気をつける

ビジネスメールでは誤字脱字がないかは特に重要です

②メールの件名をしっかりと書く

「『OB訪問のお願い』○○大学~」というように簡潔に分かりやすく書きましょう。

③誰・どこでアドレスを知ったのかを書く

学生時代の知り合いでないOBに訪問依頼をする場合には「○○さんに教えていただきました」「~で知りました」などと一筆付け加えるようにしましょう。

④場所を相手に決めてもらう

相手にお願いをする立場ですから、どこで会うかは相手にあわせる必要があります

⑤質問する内容をあらかじめ送っておく

会う前に質問をメールに書いておくことで質問の時間に無駄がなくなります。スムーズな訪問にするためにも日程が決まった後には質問を送ってみましょう。

メールでアポイント日程調節をする場合の例は以下のようになります。

『OB訪問のお願い』○○大学△△
××会社●●様

突然のご連絡で失礼いたします。○○大学の△△と申します。
大学の就職支援課から●●様の連絡先を紹介していただきました。

大変お忙しい中、恐縮なのですが是非、●●様にOB訪問をさせていただきたくメールをいたしました。私は~業界を中心に企業研究をしており、業界トップクラスの販売網を誇る貴社に大変興味を持っております。

そこで是非、現場でご活躍されている●●様のお話を伺いたくご連絡いたしました。突然のお願いで大変恐縮ですが、是非ご検討いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

つきましては下記日程のどこかで●●様の後都合のよろしい時間を伺うことができればと存じます。

◎月◎日~□月□日 13:00~19:00
×月×日~△月△日 12:00~18:00

上記の時間帯から●●様のご都合のよい日時・場所をご返信いただければ幸いです。お忙しい中恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

○○大学○○学部
△△
tel xxxx-xx-xxxx
mail XXXXXXXXXX@mail.com

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。