【業界研究】半導体業界の現状・動向・課題について

業界の現状

20世紀最大の発明品

半導体とは、電気を通す金属などの「導体」と電気を通さないビニールなどの「絶縁体」の性質を持ち合わせた物質のことを指します。この物質を使って製造されたトランジスタ(※)やコンデンサ、ICなども便宜的に半導体と呼ばれています。

とくにトランジスタは20世紀最大の発明といわれ、1947年の誕生から電気産業だけではなく様々な分野に大きな影響を与えてきました。そして、IC、LSIを経てシステムLSIへと進化を遂げ、現在ではスマートフォンや自動車等の開発になくてはならないものとなっています。

日本における半導体産業は、1980年代に民生機器需要の増加にともない世界市場を席巻しましたが、日米半導体摩擦の激化や各メーカー独自の開発による重複投資、産学官の連携の遅れもあって米国、韓国メーカーに先行を許し、未だその遅れから挽回できていないのが現状です。

※トランジスタとは増幅機能を持った半導体素子のことで、そのトランジスタやコンデンサ等を1つのチップに集積したものがICになります。そして、ICの集積度をさらに高めたものをLSIと呼び、そのLSI複数分に相当する機能を持つものがシステムLSIになります。

一発当てれば利益が大きいという特徴

半導体業界には、一発当てれば利益が大きくなるという特徴があります。

世界半導体メーカーの最大手である米インテルは創業当時の1960年代には誰にも知られていないような小さなベンチャー企業でした。同社は、Intel 4004という世界初のマイクロプロセッサーを開発し、これを進化させた8086をIBMパソコンに搭載したことを機に爆発的な成長を遂げました。

韓国サムスン電子も今は世界第2位の半導体メーカーですが、かつてはその製品は安物、粗悪品と罵られているような企業でした。しかし、90年代に入って急成長を遂げ、DRAMという電源を保持したままで書き込み、読み込みができるメモリー半導体の分野に集中することで世界を代表する企業となったのです。

現代における車、テレビ、パソコン、スマートフォンといった製品の生産数は相当なものになっており、その心臓部分のすべてに半導体が使われているわけですから、当たれば利益が大きくなるのも当然といえます。

世界の半導体メーカー

半導体業界は技術革新が早いこともあり世界的な規模で発展を続けています。ここでは世界を代表する半導体メーカーをいくつかご紹介します。

  • インテル(米):パソコン向けプロセッサー最大手
  • サムスン電子(韓):DRAM、NAND型フラッシュメモリー最大手
  • SKハイニックス(韓):DRAM世界2位、NAND型フラッシュメモリー世界5位
  • クアルコム(米):スマートフォン向けプロセッサー最大手
  • マイクロン・テクノロジー(米):DRAM世界3位、NAND型フラッシュメモリー世界4位
  • テキサス・インスツルメンツ(米):アナログ半導体最大手
  • 東芝(日):NAND型フラッシュメモリー世界2位
  • ブロードコム(米):通信用半導体最大手
  • インフィニオン・テクノロジー(独):マイコン世界3位
  • STマイクロエレクトロニクス(スイス):マイコン世界4位

基本情報

  • 市場規模:3兆7,651億円
  • 労働者数:202,883人
  • 平均年齢:40.6歳
  • 平均勤続年数:14.2年
  • 平均年収:636万円

国際競争力の低下を指摘されることも多い半導体業界ですが、その数字は決して悪いものではありません。日本の半導体メーカーが世界を席巻していた1980年代に比べれば、確かに世界における半導体出荷額のシェアは下がっています。ただ半導体の出荷額はデジタル家電製品を中心に増加し、市場規模も拡大基調にありますので、当面は現状維持のまま底堅く推移していくことになるでしょう。

仕事内容

半導体業界の職種は技術系と事務系に分かれています。

技術系

研究部門

新しい技術の研究に携わる仕事です。将来の製品開発を見据えながら、半導体を製造するための材料や加工プロセスの研究を行います。国家プロジェクトや国内外の研究機関との共同研究が多くなるのもこの業界の特徴です。

開発部門

担当する装置の性能や生産性を最大限に引き出すプロセスの開発・提案を行う仕事です。半導体に関する専門知識と同時に、ハードやソフトウェアに対する知識が必要となります。半導体開発技術の進化スピードは早いのでそれを踏まえたうえで対応することが求められます。

販売部門

国内だけではなく、アジア、欧米といった世界中のお客さまに製品を販売する仕事です。マーケットの課題を捉えて、お客さまのニーズに合わせた装置の仕様提案をする必要があります。お客さまから注文を受けた後は装置の納品から設置までの管理業務を責任を持って行い、設置後はお客さまの専用窓口となってアフターサービスに努めなくてはなりません。

事務系

総務、人事、経理、財務、法務等の部署に分かれています。企業活動が滞りなく円滑に運営されるように会社全体を支えることがその使命になります。

業界シェアランキング上位3位

1位:東芝:1兆6,934億円
2位:日立製作所:1兆1,167億円
3位:ルネサスエレクトロニクス:8,330億円

平均年収ランキング上位3位

1位:レーザーテック:911万円
2位:ソニー:891万円
3位:長瀬産業:853万円

業界の動向

半導体業界再編の動きが高まる

世界中で進行するM&Aの流れを受けて、日本の半導体業界でも再編が続いています。

2015年のマクニカと富士エレクトロニクスの経営統合に続き、商社である豊田通商も2016年に傘下の半導体商社である豊通エレクトロニクスとトーメンエレクトロニクスを経営統合すると発表しました。

またTDKも2016年にスイスのミクロナス・セミコンダクター、仏トロニクス・マイクロシステムズ、米インベンセンスと1年間で3件も企業買収を行なっています。TDKの買収した企業はすべて加速度センサー等を主力にするセンサー企業であり、同社は今後センサー事業に注力していくものと考えられています。

こうした動きの多くは、変動の激しい半導体ビジネスに適した経営体制や財務基盤を築いて競争に生き残ろうとする各社の意図を受けてのものですが、東京エレクトロンと米アプライドマテリアルズ、加賀電子とUKCホールディングスの経営統合が頓挫するなど大型再編の難しさも浮かび上がっています。

IoT技術による市場拡大に期待

半導体業界は依然としてスマホが市場を牽引していますが、IoTが新たな半導体需要を生み出しています。

IoT(Internet of Things)とは、通信機器に限らずあらゆるモノをインターネットに接続し、自動制御・最適化を図ることです。通信デバイスや通信インフラの充実・技術向上によりIoTはさらに広まっていくものと考えられており、半導体の需要増が期待されています。

米インテルも同社の事業の柱であったCPU(中央演算処理装置)への依存を減らし、IoT対応製品開発を進めています。

市場動向

半導体業界の国内市場規模は3兆7,651億円

WSTS(世界半導体市場統計)の発表によると、2015年の日本の半導体市場規模は311億200万米ドルで前年比10.7%の減少となりました。為替変動を加味した円ベースでみると、同2.3%増の3兆7,651億円となります。

世界の半導体市場は、2009年のリーマンショックの影響による縮小を底にその規模を拡大させており、今後も世界経済の緩やかな回復を前提として市場は拡大するものとみられています。日本市場のマイナス幅は2012年以降の急激な円安によるものであり、円に換算すると成長していることになります。

業界の課題

業界全体で寡占化する恐れ

半導体メーカー各社が競争力を維持するには、半導体素材の大口径化・小口径化といった取り組みが必要になりますが、多くのメーカーが設備や研究の開発費を捻出することができずに苦労しています。

当然、メーカー各社が最先端プロセスの開発・製造から撤退する方向に向かうのはごく自然の流れであり、そういった状況からみても、今後はインテルやサムスンといった体力的に余裕のある企業を中心に最先端プロセスの開発・製造が行われていくものと考えられます。つまり、半導体業界はハイエンドとローエンドという2極化の構造となり、さらなる寡占化は避けられないものとなるでしょう。

提案力を強化し、収益を生み出すことのできる製品の開発を

日本の半導体産業は総合電機メーカーの一部門として成長してきたこともあり、家電向け半導体といった少量多品種生産を行なってきました。

ただ、この傾向がインテル製品のような圧倒的シェアを獲得できない原因となってしまっているのも事実です。業界全体が国内志向のため海外マーケティング力も不足しており、さらなる競争力の低下をもたらしてもいます。

海外市場のニーズを汲みとって提案力を強化し、収益を生み出すことのできる製品を開発する必要があります。

業界の今後の将来性

十分な自己資本を備えること

価格が変動する可能性が高く、大規模投資が必要になる半導体業界においては、まず経営と財務の安定が重要になります。

インテルやサムスンなどが自己資本比率を50%以上に高め、半導体市況の変動に耐えるだけの財務基盤を構築していることに比べれば日本の半導体メーカーの財務は見劣りするとしかいいようがありません。足腰を鍛えて十分な自己資本を備えることが国際的な競争力強化のための第一歩となります。

自動車、IoT、医療、ヘルスケアといった分野はさらに拡大していくものと考えられており、当面はこの分野での提案力や開発力の強化が最優先課題となるでしょう。

おすすめの業界研究本

『日経業界地図 2017年版』日本経済新聞社

日本経済新聞社の記者が徹底取材をして、日本の180業界の最新動向や課題、将来の見通しを解説しています。企業間の相関図、企業・製品のシェア、業界のトレンドを示す表やグラフがビジュアライズされており、業界のことが一目でわかるようになっています。業界研究をするにはまず目を通しておきたい1冊です。

『会社四季報 2017年 2集春号』東洋経済新報社

国内の全上場企業の業績予想を中心に、所在地から財務情報まで、会社のことを知るのに欠かせない情報をまとめたハンドブックです。就職活動における業界研究から、株式投資といったビジネスユースに至るまで幅広く使えるのが人気の理由です。

『半導体業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本』センス・アンド・フォース

2016年に発行された本です。半導体業界の基本から、世界の動き、主要メーカーの動向、半導体技術、半導体アプリケーション情報に至るまで幅広く取り扱っているので業界研究本として就活生に最適な1冊となっています。ただ2016年以降も業界内におけるM&Aは進行過程にありますので、情報的に古くなっている部分もあると踏まえた上で読んでいただければと思います。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。