【各専門分野別】専門商社の志望動機の書き方・例文|化学・食品など

専門商社の志望動機の書き方

専門商社の志望動機の書き方についてご紹介します。まず専門商社の基本を押さえておきましょう。

現代社会に必要な「モノを仕入れて売る」こと、すなわち物流の上流から下流まで全ての局面に関わるのが商社の仕事です。商社の本来の仕事は卸売業・取次業であり、業態別の分類では商社は卸売業に区分されます。

商社は総合商社と専門商社に分類されますがその違いは扱い品目にあります。
扱い品目が特定の専門分野に偏っているのが専門商社で、扱い品目に制限がなくどんなものでも扱うのが総合商社です。

専門商社は特定分野の商材に特化していて、専門知識やマーケティング力、ネットワーク、顧客対応力を活用して顧客と取引を行います。基本的には貿易(トレード)から得られる売買マージンが収益の柱となりますが、専門知識を活かしてファイナンスや物流、商品開発などを行う商社もあります。総合商社とも共通することですが現代の商社の収益はトレードと事業投資の2つから成り立っています。

もともと商社は各種資源を日本に調達し、メーカーが加工し、出来上がった製品を商社が世界各国に販売するというのが本来の商社のビジネスモデルであったのですが、メーカーが仕入れや販売用の海外拠点を独自に築くようになってからは、海外ネットワークを駆使して国内外企業への事業投資という新たな業態を作り、業務を拡大するようになりました。また、専門分野を複数持つ商社もあり、複合型専門商社と呼ばれます。

専門商社の強みはある分野に特化していることです。専門分野の物流に関して上流・下流の人脈の広さは総合商社や他の業界を上回ります。そして専門分野の業界に精通していることにより業界のノウハウや動向もつかみやすいです。ですから本質的に事業において大きな失敗をしにくいと言えます。

また、顧客との距離が近いため細かな顧客メンテナンスができます。そのため小回りが利くほうが良いということで総合商社よりも専門商社の方が起用されるケースもあります。

さて、専門商社の志望動機の書き方ですが、上でも見た通り、専門商社の強みはその専門性にあるのですから、志望動機も応募先企業の専門や扱う品目に合わせた内容にすることで説得力のあるものにしましょう。

専門商社が扱う品目や業界に焦点を当てて「なぜその商材を扱っている企業で働きたいのか」を書くようにします。この時大切なことは「その分野に興味を持つきっかけとなった」自分自身の経験を絡めることです。これらを踏まえると専門商社の志望動機は以下のフレームワークで進めるのが望ましいでしょう。

1. 商社の志望理由(結論)

2. 自身が専門分野に興味を持ったきっかけ

3. 専門分野の中でも応募先企業を志望する理由

4. 入社したら何をしたいか、自身の専門分野における強みなど

専門商社の志望動機の例文

では、上記のフレームワークに沿って専門商社の志望動機の例文を見てみましょう。例として①化学系②機械系③鉄鋼系④食品系、の4業界をピックアップしました。

1:化学系専門商社の場合の例文

私は大学で芳香族化合物を専門に研究をしていたため、大学で得た専門知識を活かせる企業ということで貴社を志望します。大学時代に所属していたゼミは芳香族の合成に関して工業的な研究を中心に研究を進めていた所でしたので自然、私も技術の実現化に重きを置いて研鑽を重ねてまいりました。

化学系の業界は技術の実現に物流が大きく関わります。社会に必要なものを生み出す仕事、さらにはその全方面に携わる企業に入社したいと探していたところ、化学系特に芳香族化合物の物流に強くさらには自社内に研究施設まで持っている貴社を見つけました。

入社できました暁には自身が大学で学んだ化学合成に関する知識をさらに深めていくとともに現場のノウハウを学び社会に必要とされる化合物の製造に貢献していく所存です。

②私は化学系プラントの設計に携わりたいため、業界で最もノウハウを持つ貴社への入社を希望します。私は大学でプラント設計を専門に勉強してきました。プラントを製造する過程で必要なノウハウを最も蓄積している貴社で、プラント作りの上流から下流まで全ての工程に関わってみたいです。

貴社に入社できましたら、大学で学んできた基礎的な内容が現場ではどのように応用されているのか、現実的な問題にはどのような対処がなされているのかなどを学んでいきたいと思っております。

2:機械系専門商社の場合の例文

設計機械を扱う商社の中で最も歴史が古い貴社を私が希望する理由はその取扱品目の多様さと受注先の幅広さにあります。私は大学でマーケティングを専攻しており、海外と貿易をする企業で働いてみたいと昔から漠然と思い描いておりました。新興国が産業を興すにあたりまず必要となるのは資源と設計機械です。

貴社の取扱品目の多様さをもってすれば新興国相手のマーケティングも様々な形態を選択可能かと思います。私が入社できましたら是非とも海外新興国市場開拓に尽力させていただきたいと思っております。

私は大学で土木工学の勉強をしておりました。そこで学んだことは「実際の工事現場では設計を満たすために適切な機械・部品の納品が重要である」ということです。設計図を作ることと現実にそれを形にすることは違い、実現するためには適切な機械・部品を探し出せる商社の存在が不可欠です。

いつしか、私はそういった建設現場を物流の面から支える仕事に就きたいと思うようになりました。貴社は機械系商社の中でも土木機械では最もノウハウや取扱品目、受注先の多さで知られる存在ですので志望いたしました。入社できた暁には土木建築の物流を現場で学び成長して会社と社会に還元していく所存です。

3:鉄鋼系専門商社の場合の例文

私は大学で鋼材についての物性物理学を学んできました。鉄鋼の物理的特性などにも興味はあるのですが、鋼材の物流に携わることでモノづくりの源流を作り出す仕事をしたいと思い鉄鋼系商社の中でも取扱品目の多さとメンテナンスの信頼性で知られている貴社に志望いたしました。貴社に入社できましたら、大学で学んだ鋼材についての物性物理学的な知識をもって業務に邁進させていただく所存です。

私は大学で経営危機管理学を学びました。この学問の中でよく題材となるのが「シェア率と単価の高さで世界に置いて行かれた日本の鉄鋼業」です。この題材を卒論の題材にもした私は、研究するにつれて「日本の高品質の鉄鋼を売買する仕事」をしたいと熱望するようになりました。

鉄鋼は世界中で必要とされる物資ですが、海外産の安価な鋼材に押されて現状の日本の鉄鋼業は下火になりつつあります。貴社は世界中に拠点を持ち、海外産鋼材も扱っており日本で最も海外の鉄鋼事情にに強い商社であると私は思い志望しました。私は入社できましたら会社の業務に励む中で国産鋼材の新たな売り出し方を全力で模索し、国内鉄鋼業を盛んにする一助となりたいと思っております。

4:食品系専門商社の場合の例文

私は大学で畜産学を学びました。誰もが好むバターや牛乳も物流が滞ってしまうと途端に生産側も消費者側も苦境に陥ってしまいます。畜産について学ぶ中で生産物の物流に携わる仕事に就きたいと思い、畜産物の最大手専門商社として知られる貴社に志望いたしました。

最大手である貴社で働く中で畜産物流のスタンダードを学ぶことができると思ったからです。入社できましたら私の専門である「畜産学」の知識を業務に活用させていただきます。

水産学部で学んだ私は、消費量の大半を輸入で賄っている日本の現状に危機感を覚えています。環境の変動によって漁獲量が世界的に変動する中で日本の水産文化、国民の水産資源・海鮮食文化に対する意識はどう変化するかを大学の研究テーマとしましたが、それをきっかけとして水産資源の物流に携わってみたいと思うようになりました。

貴社は水産資源を扱う商社の中でもとりわけ品質に強くこだわる会社として知られている存在です。貴社に入社できた暁には日本の海鮮文化のために全力で仕入れ先や販路拡大に貢献していく所存です。

専門商社の志望動機を書くときの注意点

専門商社の志望動機を書くときに注意するべきことですが、「なぜこの業界を選ぶのか」と「なぜ応募先の企業を選ぶのか」、「自分が入社したらどうするか」という3点は必ず書くようにしましょう。

「なぜこの業界を選ぶのか」に関しては大学で専門とする分野だから、昔から○○に携わる仕事がしたかったからなどが挙げられるでしょう。ここで大切なことですが「商社」を選択するということは「興味がある業界」の物流に携わるということです。

ですから、なぜ「物流」に志望するのかが分かるように書かなくてはなりません。鉄鋼を専門に勉強していた、鉄鋼についての仕事がしたい、というだけではだめです。なぜ製鉄会社でなくて専門商社を志望するかが分からないからです。

また「なぜ応募先の企業を選ぶのか」は、企業研究の中で見つけた「応募先企業が同業他社に比べて特に秀でている点」を元に書いていきましょう。業界の中でも最も取扱品目の幅が広い、海外展開に積極的だ、自社内に研究施設・チームを持つほどその分野に精通している、などが挙げられるでしょう。そして、その企業の秀でている点と「自身が業界を志望する理由」とを結びつけるようにしましょう。

「なぜこの業界を選ぶのか」「なぜ応募先の企業を選ぶのか」を書いたら、最後に「自分が入社したらどうするか」を書きます。「自身が業界を志望する理由」とも絡めながら「大学で学んだことを現場で活かしていきたい」や「大学で学んだ知識に現場のノウハウを加えて○○業界の全てを知ってみたい」、「日本の○○業界を物流面から支える一助となりたい」などというように書いてください。志望理由ですから必ず仕事への意気込みを書く必要があります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。