就活生が3月にすべきこと・すべきでないこと・バイトとの兼ね合い

3月の時点で就活生がやるべきこと

3月の時点で就活生がやるべきことは、企業にエントリーすることです。一般的に企業の新卒のエントリーは3月から開始されます。エントリーの流れは基本的にプレエントリーを行い、その後正式にエントリーを行います。多くの企業のエントリーは大手の就職支援を行なっている企業の運営するサイトを利用して行うことができます。

大手の就職支援を行なっている企業の運営するサイトに掲載されていない企業は、ホームページから直接エントリーすることができます。このエントリーは3月から開始することが一般的であるため、就活生は3月1日の時点で興味のある企業にエントリーします。

3月1日以降でもエントリーすることは可能ですが、3月1日以前から興味を持っている企業がある場合は3月1日にエントリーする方が会社説明会などのステップに早く進むことができます。プレエントリーを行うと大手の就職支援を行なっている企業が運営するサイトを通じて、企業からの返信があり正式にエントリーを行います。

正式にエントリーが終了すると直接企業と連絡を取り合うことも可能になります。エントリーの他にも就活生は3月には会社説明会に参加するべきです。エントリー完了後に企業ごとに会社説明会が開催されるのが一般的な就活の流れです。企業によっては会社説明会に参加することが選考を受ける際の必須の条件となっていることもあるため、ほとんどの就活生は会社説明会に参加します。

会社説明会では業務に関することや採用に関することのほかに、福利厚生など待遇面に関する説明もあるため、就活生にとっては大切なものになります。多くの企業では会社説明会を運営するのは人事部ですが、稀に社長などの経営陣が話をすることもあるので、態度や服装、言葉遣いなどには注意を払う必要があります。

また、会社説明会などが直接的に選考に影響を与えることはありませんが、あまり態度が悪かったりした場合は選考の際に面接官に悪い印象を与えてしまうので、会社説明会に参加する際も気を配り行動する必要があります。また、会社説明会は事前に予約をして参加することが一般的であるため、エントリーなどの手続きが遅れてしまうと予約が取れないことが起きてしまいます。

予約が取れなかったとしても企業側で対応することはなく、熱意があまりないのかと思われてしまうことがあるため希望する企業のエントリーや会社説明会の予約はなるべく早くすることが大切です。また、企業によってはエントリーシートの提出を求めたり、簡単な筆記テストなどを会社説明会の後に行うこともあるため詳細を事前に確認して会社説明会に参加する必要があります。

会社説明会に参加する際の服装は多くの場合スーツを指定されます。しかし、企業によっては私服での参加を認めることもあります。さらに、経団連に所属していない企業は3月の時点で選考を開始することもあります。自分が希望する企業の選考スケジュールを事前に調べておくことが大切になります。

以上のことが一般的に就活生が3月にやるべきことですが、大手の就職支援を行なっている企業が開催する合同説明会が3月1日に開催されることも多くあるので、3月1日にやるべきことは事前に検討しておく必要があります。あらかじめエントリーする企業や合同説明会で聞きに行く企業を検討しておくことで3月1日の忙しい時もスムーズに就活を行うことができます。

3月の時点で就活生がやらない方がいいこと

3月の時点で就活生がやらない方がいいことは、むやみやたらに会社説明会などに参加することです。前述した通り、会社説明会などは予約制であることが一般的であり予約が一杯になってしまい会社説明会に参加できないことも起きてしまいます。そのため、3月の時点でむやみやたらに会社説明会に参加してしまうと本当に自分がやりたいと思っている仕事ができる企業の会社説明会に行けなくなってしまいます。

稀に、がむしゃらにエントリーを行い、むやみやたらに会社説明会に参加する就活生がいますが、それでは就活が成功しない可能性が高いです。3月の時点では自分がやりたいと思っている仕事ができる企業や興味のある企業の会社説明会に足を運ぶことが大切です。

就活生が3月に旅行に行くのはアリなのか

就活生が3月に旅行に行くことはあまりお勧めできません。3月は1日からエントリーが開始され、会社説明会も各企業で開催されます。そのため、3月の時点で遅れをとってしまうと取り戻すのが大変になってしまいます。

特に人気のある企業では会社説明会の予約が取れずに選考も受けられないという事態が発生してしまうことも考えられます。そのため、就活生が3月に旅行に行くことはあまりお勧めできません。

しかし、ほとんどの企業では土曜日や日曜日、祝日などには会社説明会や選考を開催しません。あまりに忙しく精神的に疲れている場合は土日を利用して旅行は有効かもしれません。就活は3月以降の4月や5月は3月と比べてある程度時間的に余裕ができます。3月に多くの企業の会社説明会に参加してしまい、4月や5月で気分転換を図るために旅行に行く方が就活を進める上での支障は少なくなると考えられます。

就活生は3月のバイトのシフトはどうすればいいのか

就活生は3月のバイトのシフトはあまり入れない方がいいです。3月はほとんどの日で会社説明会や選考が行われています。さらに、会社説明会や選考が急遽行われたりすることもあるためバイトのシフトを入れてしまうと活動に制限が出てしまい、就活の失敗につながってしまいます。

また、連日の会社説明会や選考によって精神的に疲れがたまっていることがあります。疲れがたまっている状況でバイトに入ってしまうとバイト先に迷惑をかけたり、さらに疲れが増して就活に集中できなくなってしまいます。3月から就活が終了するまではバイトは一時的に休止することが大切です。

どうしても金銭的にバイトが必要な就活生は時間や日数を減らすなどの工夫をして、就活に悪い影響が出ないように心がけなければなりません。

就活生が3月頃にかかる費用まとめ

就活生が3月にかかる費用としては主に交通費が挙げられます。毎日、会社説明会や選考のために企業を訪問する際の交通費はかなりのものになります。事前にアクセス方法やかかる交通費を計算しある程度余裕を持って行動することが大切です。

また、就活生によっては面接の対策本などを購入することもあります。さらに、選考や会社説明会が特定の地域でのみ開催される企業があります。その地域が自宅から通えない範囲にある場合は宿泊などの手段が必要になります。その際のホテルなどでの滞在費も3月の費用としてかかります。

遠距離の移動や複数日の滞在はかなりの額の費用がかかるため事前に必要となる費用を確保しておく必要があります。また、多くの企業では会社説明会の開催地が複数あるため自分の自宅から近いところを選択することを忘れないことも大切です。

就活生の3月の忙しさは?

就活生は、3月は特に忙しくなります。エントリー、会社説明会、選考など多くのことがあり、日程を調整するのが大変になります。同じような場所で開催される会社説明会や選考がある場合は同日に行くなどの工夫が必要です。

就活生はいつ頃から本格的に忙しくなるのか

就活生が本格的に忙しくなるのは3月からです。ほとんどの企業のエントリーが開始されるため本格的に忙しくなります。

就活生が3月の時点で何もしていないのは焦った方がいい?

就活生が3月の時点で何もしていない場合は焦らなければなりません。他の就活生が活動を始めており3月に出遅れると取り返すのが難しいからです。

就活生は3月の時点でイベント、説明会などに参加した方がいいのか

就活生は3月の時点で多くのイベントや説明会に参加した方が良いです。企業も3月から本格的に採用情報を提供するためいかないとわからない事案が多く発生してしまいます。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です