エントリーシート・履歴書での「住所」の書き方・例文・注意点

エントリーシート・履歴書の住所の書き方

普段何気なく書いている住所でも、いざエントリーシートや履歴書に記入しようとすると、正式な記載方法が分からず困惑してしまう方は案外多いのではないでしょうか。誤字が無いように細心の注意を払って記載する正式書類なのですから、住所も正しい記載で書き込み、不安材料を減らしておきたいものです。

エントリーシートや履歴書で住所を記入する時には、以下のようなポイントを抑えておきましょう。

郵便番号を忘れずに記載する

住所を記載する欄には、予め郵便番号のマークが印字されている場合が多いので、まずは郵便番号から書き始めましょう。

都道府県と番地前までの町名が分かっていれば郵便番号を調べたり、記載しないで郵送物を送ることはできるのですが、不着の危険性も出てきます。さらに、大量の履歴書やエントリーシートを管理する企業側からすれば、郵便番号が載ってない住所の番号を調べて記載するのは余計な仕事が増えてしまう行為です。

企業側に面倒な手間をかけさせないためにも住んでいる場所の郵便番号は覚えておきましょう。

住所は都道府県から始める

同じ都道府県内に手紙を送るときなどは、都道府県名を記載しなくても届いてしまいます。しかし、例え同じ都道府県にある企業にエントリーシートや履歴書を提出するとしても、住所はしっかり都道府県から記載するようにしましょう。

エントリーシートや履歴書はその後も企業に残り続ける大切な書類です。書き込む内容も最も正式なものでなければならないのです。

建物名は正式な名称で記載する

住んでいるアパートやマンション名の正式名称はご存知ですか?エントリーシートや履歴書では、都道府県と同様に建物の名前も正式な名称で記載するようにしましょう。

自分が正式名称だと思っていた名前が略称の場合もあるので、一度大家か管理会社に確認することをおすすめします。

「の」や「-(ハイフン)」を使わない

番地を記載する場合の注意点は、「の」や「-(ハイフン)」などの簡易的な表記を使用しないことです。例えば「××町1-2-3」の場合は、「××町1丁目2番地3号」というように公式の住所を記載してください。

エントリーシート・履歴書の住所の書き方例

それでは、上記の基本的な書き方に従って書いた住所の記載例を見ていきましょう。

「〒123-4567 〇〇県△△市●●町 2丁目3番地13号 アパートメント×× 205号室」

このように、アパートやマンションに住んでいる場合はビルの正式名称と部屋番号を忘れずに記載してください。

この住所の場合、フリガナは「まるまるけん さんかくし まるまるちょう」といった具合に、番地の手前まで書けば問題ありません。ただし、アパートやマンションの名前が読みにくい場合には「まるまるけん さんかくし まるまるちょう あぱーとめんとばつばつ」というようにアパート名も振り仮名で書いておくと親切です。

エントリーシート・履歴書の住所の数字は算用数字?漢数字?

履歴書に住所を記載するときには、具体的な指示が無い限りは算用数字を使用すればいいとされています。

日本は本来、縦書きの場合は漢数字、横書きの場合は算用数字という文章を書く上でのルールが存在するのでそのルールに従えば、横書きの履歴書は算用数字を用いるべきという考え方で問題ないでしょう。

ちなみに、エントリーシートや履歴書を郵送で送る場合は、封筒などに入れて送りますよね。その場合の住所記載は、縦書きになるので漢数字を使うと一般常識が分かっている人物と評される可能性が上がります。

エントリーシート・履歴書で現住所と帰省先が同じ場合の書き方

エントリーシートや履歴書に記載するのは、現住所だけとは限りません。起業の用意した用紙によっては現住所と帰省先という2か所の住所を書く欄があるので、記載内容を間違えないように注意しましょう。

現住所とは、今現在自分が住んでいる住所のことを指します。

そして帰省先には、自分が今住んでいる家以外に長期間の滞在をする場所の住所を記載しましょう。一人暮らしをしている方などは、休みの間に実家に戻り滞在する可能性もありますよね。会社が緊急の連絡をしなければならない事態が発生した時、帰省先にも連絡が行くことになります。帰省先は用紙によって、「現住所以外の連絡先」や「緊急連絡先」といった表記になっている場合もあります。

さて、実家で暮らしている場合、この現住所と帰省先が同じになりますよね。その場合の記載方法は「現住所に同じ」や「同上」といった言葉を記入する方法になります。

同じだからと言って空欄にしてしまうと、書き忘れかもしれないと疑われてしまうので、一言書き加えるのを忘れないようにしましょう。

エントリーシート・履歴書を書くときの注意点

丁寧に読みやすいように記入する

エントリーシートや履歴書は丁寧に書くことが当たり前ですが、特に住所等の基本情報は読みやすい字や間隔を心がけて記載しましょう。住所は、その後起業から送られてくる案内や書類の送付先としても使われるため、汚い字や書き間違いで間違った住所に送られてしまうと、折角順調に進んでいた就活が無駄なものになってしまうかもしれません。

読みやすさを心がけるには、字の綺麗さだけではなく書く字の大きさや間隔などにも十分な注意を払ってください。例えば、「〇〇県 ▲▲市」といったように、一区切りの間にはスペースを入れておくと繋げて書くよりも読みやすくなります。

住所は日ごろから書く機会が多いので、緊張して記入するエントリーシートや履歴書などの中でも気が緩みやすい箇所と言えます。

しかし、今後長く付き合っていくかもしれない企業に自分の個人情報を提供する最初の場面です。この先会社で長く保管される書類なのだということを念頭に置いて、気を引き締めて記載するようにしましょう。

長い住所は2行に分けて記載する

住んでいる場所によっては、町名が長かったり番地が多かったりと、住所が長くなってしまう場合があるでしょう。また、建物名も通称ではなく正式名称を記入しようとすると案外長くなってしまうものです。

そんな時には、記載欄を半分に分け上下2段で記入するようにしましょう。小さい文字で詰めて書いてしまうと、チェックする人も読みにくいうえに文字の見間違いなどが発生する可能性があります。

かといって、住所や建物名を省略することは一番避けなくてはなりません。自分の中では多少省略しても通じる、と思っている住所でも、全国から提出されてくるエントリーシートや履歴書を見ている企業側の人間からすれば少しの省略で見当もつかない住所になってしまう場合があるのです。

住所の間違いは必要書類が届かないなどの問題を引き起こすだけではなく、必要事項を正式に記入できない注意力散漫な人物と言った悪い印象を持たれてしまうこともあります。

長い住所は読みやすい大きさで2行に分けることを忘れないでくださいね。また、2行に分けるときは、中途半端な場所で区切らず、アパート名と部屋番号だけ2行目にする、など読みやすい工夫をしてみましょう。

表札が違う場合は「○○方」という表記を使う

就活生の中には、祖父母や親せきなどの家に下宿しているなどで、自分の名字と家の表札の名字が違う、という方もいらっしゃるでしょう。その場合は、住所の欄にもその名前を記載してください。

企業側は記載された住所をそのまま使って書類や案内を送るため、表札と名前が違うと配送会社が「住所違い」と判断して送り返してしまう場合があります。

名字が違う場合には、住所の最後に「〇〇方」とつければ問題なく扱われます。

例えば、田中さんという就活生が、佐藤さんの家に下宿している場合、「〇〇県▲▲市××町2丁目3番地4号 佐藤方」という表記になります。こうすることで、配送業者の配達員は届け先の名前は田中だけど、佐藤さんの家で暮らしている田中さん宛てなのだということを理解して郵送物を届けることができます。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。