エントリーシートや履歴書での「健康状態」の書き方・例文

エントリーシート・履歴書の健康状態の書き方

就活の時に記入するエントリーシートや履歴書には、心身の状況を報告する「健康状態」といった項目がある場合もあります。しかし、日常的に自分の健康状態を客観的な文章にすることはあまりありませんよね。その為、健康状態という欄に何をどう書けばいいのか悩んでしまう、という就活生も多く存在します。

健康状態とは、その後の企業で働いていく上で周囲に自分の病気などを共有できる重要な項目です。肝心なことを書き逃して、入社してから「なぜ報告しなかったのか」などと言われないように、エントリーシートには分かりやすく自分の健康状態について記載できるようにしておきましょう。

業務に支障があるかを基準にする

健康状態を記載するときに基準となるのは、その企業での業務に支障が無い状態か、何らかの問題があるか、という点です。

例えば、エントリーシートを書いているときに軽い風邪をひいているからと言って正直に「風邪気味です」と書く必要はありません。なぜなら、風邪なら実際に入社する時期には完治している、業務に関係のない健康状態と言えるからです。この場合は、通常の体調だった場合の時を基準に、健康状態は良好と記載しましょう。

他にも、過去に大きな怪我や病気をしていたとして、すでに治療を終えて再発の可能性もほとんどない、と言った場合も、良好と表現して問題ありません。

それでは反対に、業務に支障が出る健康状態の時とはどのようなケースなのでしょうか。

健康状態に問題があるとされるのは、持病や怪我が治っておらず治療や通院が必要となる場合などです。月数回通院しなければならず、その日は早退する必要があるとしたら、それは業務に支障が出ているということです。

このように、仕事の時間を削って治療、通院を行わなければならない病気やけがを持っている場合には、健康状態の項目に詳しくその病気や症状について記載する必要があります。

他にも、通院が必要なほどではないが発症する花粉症やアレルギー性鼻炎など、慢性的に抱えている病気などを記載しておくと情報共有ができる人物と評価を高めるポイントとなります。

一文や一言で終わらせず前向きな言葉を添える

健康状態が良好な場合にも、問題場ある場合にも共通して言える書き方のポイントは症状の説明や「良好」などという短い言葉で終わらせないことです。

持病がある場合は、月に病院に通うペースがどのくらいなのか、持病がどれくらい業務に支障をきたすのかなどを分かりやすく付け足すことで企業側も正しい情報を受け取って採用の目安とすることができます。

また、持病がある場合でもネガティブな表現はしないようにし、「業務に支障なし」といった一言を添えることで、仕事をまかせられるという認識を持ってもらえるのでぜひ取り入れてみましょう。

ちなみに、健康状態が良好な人は「きわめて良好」などと積極的に健康である点をアピールするとプラス効果が期待できますよ。

エントリーシート・履歴書の健康状態の例文

それでは、エントリーシート・履歴書の健康状態という項目の記載方法を見ながら、実際にどんな症状の時はどんな表現をしたらマイナス評価に繋がらないのかをチェックしていきましょう。

1:健康状態がいい場合の例文

まず、自身の健康状態について、その後も治療が必要な病気、怪我が無く、応募する企業の業務を問題なく行えると判断した場合についてです。

この場合、エントリーシートや履歴書の健康状態という項目には「良好」と記載するようにしましょう。

しかしこれだけでは何も考えず適当に書いているように見られてしまう場合があります。健康であるということは強いアピールポイントになるので、強く印象に残るように、分かりやすく記入しておくことをおすすめします。

例えば、自分の身体がとても健康で風も滅多にひかず、大学なども無欠席だというほど健康に自信がある人は、良好の後に以下のような一言を添えてみましょう。

・風邪もほとんど引いたことが無く、大学の講義を欠席したことはありません
・軽度の風邪なら1日程度で回復する免疫力とスタミナに自信があります

このように、自分がいかに健康で体力があるかを述べることで、採用側の印象に残りやすくなります。

とはいっても、そこまで底抜けに健康であると言い切れる人はあまり多くないですよね。通常なら、多少風邪で寝込むことはあっても毎日を健康に過ごしている、という程度の健康状態がほとんどなのではないでしょうか。

その場合は、自分が健康であることを少しだけ控えめにアピールしておきましょう。

・運動が好きで基礎体力に自信があります
・インフルエンザや流感など以外で大きな病気をしたことはありません

特筆して売り込むほど健康ではないけれど普通に元気だというタイプの場合、こういった常識の範囲内の病気はあるけれど他に問題はないといった内容を前向きに記入することで、印象を強めることができます。

2:健康に何か問題を抱えているが業務に支障がない場合の例文

持病を持っている、通院しなければいけない理由があるなど健康状態が良好とはいえない場合は、まず「通常業務に支障なし」という記入をします。しかしこれだけでは、企業側もどんな病気を患っているのかやどのような作業ができないのかなどを把握することができません。

健康状態に問題を抱えている場合は、以下のような文章を「通常業務支障なし」の後に付け加えるようにしましょう。

・腰痛治療のため、月に2回程度通院する必要があります。
・喘息の治療を行っているため、月に1度1時間程度の早退を希望します。
・膝の靭帯が弱いので重い荷物を持っての階段の上り下りなどはできません

このように、エントリーシートや履歴書で自分が抱えている持病と、その病気に対する対応やできない仕事などを伝えておくことで企業側もどういった部署に配属したらいいか、仕事のスケジュール調整はどのくらいできるかなどを把握することができます。

お互いがお互いの都合をすり合わせて、納得のいく雇用が行えるように病気やけがの状況は詳しく説明しておきましょう。

3:過去に何か問題を抱えていた場合の例文

現状、健康状態に問題が無いけれど、過去に大きな病気や怪我をしていた場合は、健康状態が良好なケースと同じく「良好」と記載して問題ありません。

しかし、エントリーシートや履歴書は情報の共有するという役割も担っています。そういった面から判断すると、過去に大病を患っていたことなどは記載しておくことをおすすめします。

・〇〇という病気で××年5月に一カ月入院していましたが、現在は完治しており業務に支障はありません。
・交通事故で3か月の複雑骨折で入院しましたが、完治後の後遺症などはなく業務に支障はありません。

というように過去に起こった健康上の問題を書き込んだうえで、業務に支障が無い事も告げておけば健康状態について聞かれた時にもスムーズに応対できるでしょう。

採用側が応募者に健康状態を書かせる理由

採用者は就活の場で、企業で長く働き戦力となる人材を探しています。例え人より優れている能力を持っていても、持病が悪化しほとんど会社に出てこれない、というような人物では一丸となって働いていく仲間として受け入れるのに問題があります。

業務に支障が無い程度の健康というのは、採用する側にとって時には能力や才能以上に重要とされるポイントなのです。そのような点から、エントリーシートや履歴書で健康状態についての記載があるのは、実際にその人物を雇った時に問題なく働ける状態かどうかをチェックするという意味が含まれています。

そこで、応募者は、採用者の知りたい情報を汲み取り正確な健康状態を述べるとともに、なるべく不利にならないよう、業務に携われることをアピールする必要があります。

エントリーシート・履歴書の健康状態で嘘はつかない方がいい

就活生の中には、エントリーシートや履歴書の健康状態に悪い内容書くと合否に影響が出るのではないかと不安に思う人もいることでしょう。だからといって、実際に今持病を抱えているのに、健康状態に問題が無い、などという記載をして嘘をついてしまうと、後々ばれた時、内定取り消しになってしまう可能性もあります。

例え、内定取り消しにならなかったとしても、大切な就活の書類に嘘を書くという行為は一般常識の無さを露呈することとなり、その後の会社からの印象が悪くなってしまうでしょう。

どんなに嘘を書き連ねても、入社後にはすぐに大きな健康診断が待ち受けています。結局そこで持病や問題に気づかれてしまうのですから、エントリーシートや履歴書には素直に正しい情報を記載しましょう。例え、持病があったとしても、面接や試験で自信の能力を買われ、健康状態の問題が業務には支障が無い、と判断されればマイナス要素となることはほとんどありません。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。