エントリーシートでは「御社」と「貴社」どちらを使えばいいのか

エントリーシートで使うのは「御社」か「貴社」のどっちなのか

エントリーシートを作成するとき、採用先の企業の呼び方について悩んだ経験はありませんか?特に「御社」と「貴社」の区別がついていない就活生は多いようです。

「御社」と「貴社」は、いずれも相手の企業に対する敬称です。

自分の所属する会社を「弊社」とへりくだって言うのと反対に、相手の企業は敬意を込めて「御社」「貴社」と表現します。どちらも意味は全く同じなのですが、使う場面が違うということを覚えておきましょう。

ややこしく思えるかもしれませんが、実はこの2つを使い分けるポイントは至って簡単です。「御社」と「貴社」の違いを一言で説明するなら、それは「話し言葉」か「書き言葉」かという違いにすぎません。

日本語には、実際に相手と会話するときに使う「話し言葉」と、文章をしたためるときに使う「書き言葉」があります。「御社」はこのうち「話し言葉」にあたり、「貴社」は「書き言葉」に分類されるのです。

つまりエントリーシートには、書き言葉である「貴社」を使うのが正解ということになります。エントリーシートに限った話ではなく、企業にあてる書類には全て「貴社」を使うようにしましょう。履歴書、添え状、その他アンケート用紙などの全ての書類で、企業のことは「貴社」と書きます。

では就活には「御社」を使うことはないのかといえば、そういう訳でもありません。「御社」は話し言葉なので、面接官や企業の受付の方と会話するときには「御社」を使います。

どうして同じ意味を持った言葉なのに「御社」と「貴社」で使い分けるのかという理由については、ビジネスの会話で聞き間違えを防ぐためだと言われています。昔からある書き言葉の「貴社」には、「記者」「汽車」「帰社」といった同音異義語が多く存在します。

そのため相手に「キシャのお話を伺いたく~」と口頭で言っても、相手は「記者の話?汽車の話?」と混乱してしまう可能性があります。

このような経緯から、「貴社」よりも同音異義語の少ない「御社」が話し言葉として広まったとされているのです。

「御社」「貴社」の使い分け方で注意したいのは、エントリーシートに「貴社の企業理念に共感し~」と書いていても、実際の面接では「御社の企業理念に共感し~」と言い換えなくてはならないという点です。

それぞれに「話し言葉」「書き言葉」の違いがあることを理解し、どちらか一方に引っ張られて「御社」「貴社」がゴチャ混ぜにならないように気をつけましょう。

エントリーシートで「御社」と書いてしまったら落ちるのか?

エントリーシートには「御社」ではなく「貴社」と書くのが正解です。しかし、使い分けに慣れていない就活生は、エントリーシートにうっかり「御社」と間違えて書いてしまうこともあるでしょう。エントリーシートでの文章に「御社」を使うと、面接官からマイナスの評価をつけられてしまうこともあるでしょう。

「御社」「貴社」の使い分けは、社会人にとって出来て当たり前のスキルなので、厳しい企業なら「日本語力が足りない」と裁定することも有り得ます。そうならないよう、就活生はエントリーシートを作成する前に「御社」「貴社」の使い方を確認し、正しい日本語を心がける必要があるのです。とはいえ、すでに提出してしまったエントリーシートのことを気にしていても仕方ありません。

確かに、エントリーシートに「御社」と書いて提出したことはプラスには働かないでしょう。しかし取り立てて騒ぐほど大きなマイナス評価になることは少ないと考えられます。なぜなら、「御社」という表現は間違いではあっても、決して失礼にあたる言葉遣いではないからです。

日本語の使い方が間違っているということでマイナス評価をつけられることはあっても、それが原因で即不合格になるというほど大きなミスではないと考えることもできます。

「御社」「貴社」の使い分けに関するミスにどの程度のマイナスがつくのかは企業によって異なるため一概には言えませんが、多くの場合そこまで気に病む必要はないでしょう。エントリーシートに「御社」という表現を使ってしまった場合でも、実際の面接や筆記試験で挽回できる可能性は十分にあります。

また、万が一面接時などに間違いを指摘されてしまった場合には、自分のミスを速やかに認めて謝罪することも大切です。就活に細かいミスは付き物ですが、重要なのはミスを隠すのではなく、いかに挽回していくかということなのです。

「御社」を使う場面の例

ここからは、「御社」と「貴社」の実際の使い分け方をみていきましょう。まずは「御社」を使う場合の例からご紹介します。

先述の通り、「御社」は「話し言葉」です。面接官に対して「御社の企業理念は~」と発言することには問題ありませんが、同じ文章をエントリーシートや履歴書に書くことはできません。そのため、就活において「御社」は、面接官と会話するときに使う表現だと覚えておきましょう。面接では、志望理由を聞かれたときなどに「御社」という表現を使うことが多いでしょう。

そのような場面では、例えば「御社への入社を志望したのは~」というように話し始めることができます。面接官に対して質問をするときにも、質問の頭に「御社の○○という商品についてですが~」のように付け加えることで、丁寧な印象を増すことができます。「○○についてですが~」と商品名を呼び捨てにすればぶっきらぼうな印象を与えてしまいますが、「御社」という表現が言葉に丸みを与えてくれるのです。

「御社」は企業を指す言葉の中でも最も丁寧な表現なので、相手に失礼にあたることもありません。ビジネスの世界では毎日のように使う言葉なので、就活生の間から違和感なく使いこなせるように練習しておいたほうが良いでしょう。面接においても、こうした言葉の使い方ひとつひとつが合否を決める評価の対象となります。

「貴社」を使う場面の例

「貴社」という表現は「書き言葉」と呼ばれます。すなわち「貴社」は、エントリーシートや履歴書など、文章を書くときに使われる表現なのです。相手の企業を指す丁寧な表現ではありますが、「御社」と違って口頭での会話文に使うことはできません。就活で「貴社」を使う場面として考えられるのは、エントリーシートを作成するときでしょう。

エントリーシートの「志望動機欄」など、文章で相手の企業を指すときには必ず「貴社」を使います。例えば「貴社への入社を志望したのは~」というような使い方ですね。ここで間違って「御社」を使ってしまう方も多いので注意しましょう。

また、メールで企業とやり取りをするときにも「貴社」が使われます。「貴社」は正式な書類だけではなく、メールや手紙など、全ての文章で使われる表現です。「御社」と「貴社」の使い分け方は、あくまで「話し言葉」か「書き言葉」かという違いだけです。

どちらも全く同じ意味を持った表現で、どちらのほうがより丁寧ということもありません。「御社」が「話し言葉」、「貴社」が「書き言葉」、この違いは就活生を卒業してもずっと使う知識です。ビジネスの世界では当たり前の違いなので、できるだけ早く使い分けられるようにしておきましょう。

エントリーシートを書くときのマナー

エントリーシートを書くときには、「御社」と「貴社」の使い分け方の他にも守るべきマナーがあります。採用の合否にも関わる重要なポイントなので、しっかり確認しながら書いていきましょう。

エントリーシートは読みやすく書こう

まずは基本中の基本ですが、エントリーシートは「読みやすく書く」ようにしましょう。

締切り直前に慌てて書く人も少なくないようですが、それでは走り書きで読みにくい文面になってしまいます。どれだけ素晴らしい志望動機を書いていても、「字が汚くて読めない」という理由で落とされてしまっては目も当てられません。エントリーシートは、誤字脱字や、てにをはの使い方に気を付けながら丁寧に作成する必要があります。

空欄はできるだけ埋めるようにするべき

次に「空欄をできるだけ埋める」こともエントリーシートを作成する上で大切なマナーです。エントリーシートのフォーマットは企業によって異なりますが、主に「志望動機」「経歴」「長所・短所」などを記入する欄があります。それぞれ4行~5行の空欄が用意されているはずですが、書く事が思いつかないからといって1行~2行で書き終えてしまっている方も少なくないでしょう。

また「特に無し」と書いてしまう方もいるようですが、エントリーシートの空欄を短く適当に埋めてしまう行為は大きなマイナス評価に繋がります。空欄の多いエントリーシートは面接官に「やる気がない」と見なされるのはもちろん、せっかく貴重な時間を割いて審査を行っている面接官の方への失礼にあたります。無理やり空欄を埋めるために無駄な文章を書いても仕方がありませんが、用意されたエントリーシートの空欄はできる限り埋めるように心がけましょう。

話し言葉と書き言葉の使い分けに注意!

エントリーシートでは「話し言葉」と「書き言葉」を使い分けるのが大切です。「御社」と「貴社」以外にも、日本語には多くの「話し言葉」「書き言葉」があるのです。例えば「○○っていう資格をもってます。あと、○○にも詳しいです」というような文章は全て「話し言葉」にあたるため、書類作成には適しません。

この文章をエントリーシートに書くなら、「○○という資格を持っています。また、○○についても深い知識を持っています」のように書き換えましょう。「話し言葉」と「書き言葉」の使い分けると、面接官に与える印象も大きく違ってきます。エントリーシートや履歴書に書く文章が「話し言葉」では、面接官にも「言葉遣いが悪い」と思われてしまうので注意しましょう。

郵送するときのマナーも知っておこう

エントリーシートの作成を丁寧に行っていても、郵送の仕方を間違えると全て台無しになってしまいます。

企業に対してエントリーシートを郵送するときには、いくつかの守るべきマナーがあるのです。まず気をつけたいのは、エントリーシートを郵送するときに使える封筒の種類についてです。エントリーシートは企業に対する正式な書類なので、ビジネスマナーの則った封筒を選ばなくてはなりません。

そのため、使用できるのは「白または茶色」で「角2サイズ」の封筒だけです。郵送するエントリーシートには、必ず「添え状」とつけておきます。添え状は郵送した封筒の内容や枚数を証明するためのもので、送ったのが仮にエントリーシート1枚だけだったとしても必ず作成しておきましょう。

また、エントリーシートは封筒に入れる前にクリアファイルに入れるのが一般的です。クリアファイルは無地であれば100円均一などに売られている安価なもので構いません。封筒とクリアファイルで二重にしておくことで、郵送したエントリーシートが雨で濡れたり落として破れたりすることを防ぐ役割を果たしてくれます。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。