エントリーシートの性格欄の書き方・例文・アピールの仕方

エントリーシートの自覚している性格欄の書き方

プラスになる性格を書くこと

エントリーシートにおいて、採用担当者にネガティブなイメージを抱かせてしまう性格を書いても仕方ありませんよね。相手に、「こういう性格の人なら採用したい」ととらえてもらえるような、プラスになる性格をアピールするようにしましょう。

求められている人物像に合うものを書くこと

「プラスのイメージを抱かれる性格」と一口に言っても、仕事によって求められている資質は様々ですよね。ある職種では非常に優遇される性格が、別の職種では、そこまでプラスに働かないというケースも存在しています。

そのため、志望している企業ごとの、「求める人物像」を詳しくチェックし、それに見合った性格を書くようにすると良いでしょう。これは業界研究や企業研究を進めていく上で、自然と浮かび上がって来るものでもあります。あなたの性格の中から、特に企業の求める人材として相応しいものを、ピックアップして書くようにするのもおすすめです。

結論から書くようにすること

エントリーシートに限らず、ビジネス関係の書類では、まず結論から書きはじめることがルールです。結論を提示し、その内容について詳しく補足していくという流れは、簡潔で分かりやすく、相手にも伝わりやすいのです。自己アピールに非常に効果的であるため、自分の性格をまずは端的に言いきり、そのあと具体的エピソードや、業務の上での役立て方などについて、記載していくようにすると良いでしょう。

具体的なエピソードと絡めて書くこと

どんなに良い性格を書いたとしても、説得力を持って伝えることが出来なければ、相手に信用してもらえません。業務上で役立つような良い性格をアピールしたとしても、具体的なエピソードがなければ、証拠や根拠がない状態だとみなされてしまいがちだからです。

学生時代のエピソードはもちろん、性格の末に獲得した結果をアピールするのも良いでしょう。資格の取得や、コンクールや大会での成績などは、数値化されており、裏付けとして強く働いてくれることがあります。

エントリーシートの自覚している性格欄の例文

それでは、エントリーシートに、自覚している性格を記載するとき、実際はどのように展開すれば良いのかをチェックしていきましょう。代表的ないくつかの性格をピックアップし、例文を確認していきます。

マイペースな性格を書きたい場合の例文

「私の性格はマイペースです。自分の適性や能力を的確に理解しているため、無茶なく物事を進行していくことが可能です。

自ら設定した目標を実現するために、具体的なスケジュールを自分に立案しています。そのため、スケジュールの管理も私が担当しています。学生時代は、マイペースな性格を活かし、学業と部活動、アルバイトとボランティア活動を両立させることが出来ました。

もちろん、ただマイペースなだけではなく、周囲の人とのバランスを意識するように心がけています。就職後は、自分のペースを保ちつつ、他者との共存を考え、お互いの良いところを活かし合えるような仕事をしたいと考えています。」

几帳面な性格を書きたい場合の例文

「私の性格は、完璧主義でやや几帳面です。

これまで本屋でアルバイトをしていたのですが、売り上げの管理や、売り場の整頓など、丁寧で整った状態をキープするのに長けていました。ミスが少ないため、責任のある立場を任されることも多いです。トラブルを回避し、良質な業務の進行に長けていると感じます。

ただし、完璧を求めるあまりに、作業に時間がかかり過ぎてしまうこともあります。そのため、納期に間に合わせるための工夫などを講じ、スケジュール調整にも反映させていきたいと思っています。」

好奇心旺盛な性格を書きたい場合の例文

「私は、非常に好奇心が強い性格をしています。常に新しいことを見つけ、チャレンジしていくのが好きです。

学生時代は、この長所を活かし、学内新聞を作るサークルで活動していました。常にニュースを発見し、掘り下げていくことが出来るところは、御社に入社してからも、アンテナを広く持ち、様々なポテンシャルを育てることに役立てられると感じています。

ただし、気になることはすべてやってみたい性格である分、つい手元のタスクを多くしてしまいがちです。就職後は、優先順位をつけて業務に取り組みたいと思っています。」

負けず嫌いな性格を書きたい場合の例文

「私の性格は、負けず嫌いです。負けを避けるため、様々な方面からアプローチし、勝利のために力を付けていくことが出来ます。学生時代に所属していた○○部では、レギュラーになることを目標とし、その後は試合に勝つことを意識し、負けず嫌いの長所を活かして奮闘しました。この長所は、業務効率をあげ、よりスキルアップを目指す上でも、大いに役立てることが出来ると考えています。

ただし、時には一歩譲ることも、とても重要だとも感じています。就職後は、熱くなりすぎないように意識し、冷静な負けず嫌いとして力を尽くしたい所存です。」

よくある性格一覧とその特徴

協調性がある

多くの企業で重要視される資質のひとつです。実際に協調性が高い人は、様々な現場で働きやすく、採用担当者としても重宝しているでしょう。グループワークやインターンシップなどで発揮されやすい性格のひとつなので、裏付けもしやすいという特徴がありますね。

ただし、「協調性がある性格」というのは、一方で「他者を優先しすぎてしまう」や「自己主張が少ない」という短所に繋がってしまうこともあります。そのため、エントリーシート上では、この短所を改善するための具体的な取り組みや、意識したいポイントなどについて書いておくと良いでしょう。

行動力がある

行動力があることは、社会人として重要な資質のひとつです。自ら考え、実行に移す力を持っているということは、業務を遂行していく上で、決して欠かせないポイントだからです。特に営業職をはじめとした、外に発信していく力をより強く求められるシーンでは、重宝されやすい性格のひとつでしょう。

ただし、「行動力がある」ということは、「計画性がない」ととらえられてしまうこともあります。すぐさま実行に移すばかりではなく、きちんと計画を立て、スケジュールに沿った実行を心がけているという旨は、エントリーシートできちんと強調しておけるようにしましょう。「思い立ったらすぐ行動」というのは、あるポイントからは強みになりますが、かえって短所になってしまうこともあるのです。

リーダーシップがある

採用担当者にとって、ゆくゆくは職場そのものを引っ張っていけるような、リーダーシップに富んだ人材はとても重要です。計画的な育成を進めることによって、企業全体の業績にも関わってきます。リーダーシップを持っている人は、それだけ事業の中心にも進みやすいので、キャリアアップも望みやすいでしょう。ワークショップやインターンシップなど、グループワークのシーンでも活躍しやすいですよね。

しかし、「リーダーシップがある」という長所は、しばしば「独りよがりな行動をしてしまいがち」や「一人で抱え込んでしまいがち」といった、短所に転じてしまうこともあります。状況を見渡して、誰かと分担や協力をするうまさも持っているということを、きちんと押し出せるようにしたいところです。

ポジティブで前向きである

明るい性格の人は、それだけで職場の雰囲気も明るくなりやすいですよね。人付き合いもしやすいですから、ポジティブな性格の人を採用したいという採用担当者はとても多いです。

もちろん、職場内における人間関係だけではなく、業務上の適性としても、前向きな性格はとても重要です。失敗をしてしまったときや、厳しい指導を受けたとき、ただ落ち込むだけではなく、前向きに努力を重ねていけるからです。

しかし、「前向きである」や「ポジティブである」という性格は、「失敗を気にし無すぎる」という短所に繋がってしまうこともあります。落ちこまずに気持ちを切り替えられるのはメリットですが、失敗をきちんと受け止め、今後の対策を、っていかなければ、社会人として成長することは出来ません。エントリーシートでは、「前向きでポジティブですが、失敗やミスに対しては真摯に向き合い、再発を防止する工夫が出来ます」という内容を記載しておくと、より信頼度が増しやすいでしょう。

集中力が高い

物事に集中して取り組むことが出来る人は、それだけスキルが身に就くのも早く、成長にも期待が持ちやすいでしょう。エントリーシート上で、「集中力がある性格」とアピールすると、その人がより仕事に徹底して取り組んでくれるイメージがあり、好感も持たれやすい傾向にあります。

特に、エンジニアやプログラマーをはじめとして、自らの作業にひとりで集中して取り組む必要がある仕事の場合、集中力がある性格の人材ほど、効率良く物事を回しやすくなるというメリットも期待されます。

しかし一方で、「集中力がある」という性格は、「周りが見えなくなってしまうことがある」という短所に繋がってしまうこともあります。自分の手元の作業に熱中するあまり、他者との連携を意識したり、状況を広く観察することが疎かになってしまったりすることがあるからです。エントリーシートにおいては、「集中しすぎて、周りが見えなくなってしまうことがあるため、冷静な視点を持てるようにしたいです」といった内容を付け加えておけると良いでしょう。

誠実である

誠実な性格であることは、社会人として高い評価を集めやすいポイントのひとつです。採用担当者によっては、誠実さに何よりも重きをおいて、選考を進めるパターンもあります。未経験からチャレンジする仕事の場合、スキルや学歴よりも、真摯で誠実に業務に取り組める人の方が、伸びしろもあり、勤務先としても助かりやすいという期待もされるでしょう。約束を守り、他人に対して失礼のない言動を意識することもできます。

ただし、「誠実な性格」ということは、一方で「真面目すぎてしまう性格」「融通が利かない性格」といった、短所に結び付いてしまうこともあります。業務によっては、時にマニュアル外の臨機応変な行動を求められることもあります。イレギュラーな対応をスムーズにこなせるよう、意識するようにしたいですね。

気が利く

他者のサポートをする仕事において、気を利かせるのがうまい人は、上手に業務を進めやすいというメリットがあるでしょう。秘書や営業事務、各種アシスタント業務などにおいて、状況を的確に把握し、先回りしたサポートが出来る人は、重宝されやすい傾向にあります。気が利くほど人付き合いもしやすいのでねコミュニケーションもスムーズにいきやすいです。

一方で、「気が利く性格」は、しばしば「おせっかいな性格」とみなされてしまうこともあります。また、「人の世話ばかり焼いている」とみなされ、自らを疎かにしてしまっていては、いっきに短所としての色が強くなってしまいます。状況に合わせた気の利かせ方が出来るということをアピールしておけると良いでしょう。

計画性がある

物事をスケジュールに沿って進行していくということは、非常に多くの職場で求められる、とても重要なスキルです。理屈では理解できていても、スケジュールを計画通りに進行するための、様々な取り組みが難しくなってしまうというケースは多いからです。

プライベートにおいても、計画的に進めるために行っている取り組みなどを書いておくと、エントリーシートとしての完成度もぐっとアップするでしょう。

しかし、「計画性がある」という性格は、ある一面を取ると、「臨機応変な対応が苦手」という性格になってしまうこともあります。予想外のトラブルは、業務をしている上でどうしても発生してしまうものです。イレギュラーな事態への対応力も、同時に伝えられるようにしておきましょう。

エントリーシートで性格をうまくアピールしよう

いかがでしたか?エントリーシートの性格欄は、あなたの自己アピールの場でもあります。あなたの魅力を存分に伝えて、より素晴らしい人材であることを理解してもらうために、プラスイメージの性格を、より伝わりやすい形で書けるようにしましょう。