エントリーシートの自由記述欄の書き方・例文・注意点

エントリーシートの自由記述欄の書き方

就職活動を進めていく上で、エントリーシートの自由記述欄は非常に重要な存在です。記載する内容が、企業サイドから決められていないため、テーマの設定段階から、「あなたらしさ」「あなたならではの魅力」をアピールすることが出来るからです。

テーマ設定の前の下調べが重要

このあと、自由記述欄のテーマ設定の方法についても詳しく説明しますが、テーマ設定は闇雲やあてずっぽうではいけません。あなたの良いところを、相手にしっかり理解してもらえるようなテーマが必要です。その上で、エントリーシートを提出する企業に、より適したアプローチ方法も考えなければいけません。

そのため、テーマを設定し、実際に自由記述欄を作成する前の、

ラフ案を促成する

いきなり自由記述欄を書いてしまうと、失敗してしまう可能性もあります。また、ぶっつけ本番で書いてしまったことで、アイディアがそこから進化できないというデメリットもあります。

エントリーシートの自由記述欄は、作成期間に余裕を持って取り組むようにしましょう。アイディアをたくさん出して、ラフ案を作成するようにすると、完成度が上がります。自分の中でいくつかパターンを作り、セルフコンペをしても良いかもしれません。決定稿になったら、丁寧に清書をして、エントリーシートを作り上げるようにしてください。

周囲の人に読んでもらう

客観的な視点を持つことは、就職活動をより円満にするために、とても重要なポイントです。エントリーシートについても同様で、自分で作成したものを、採用担当者の前に、別の人にチェックしてもらうと良いでしょう。

あなた自身を良く知っている人であれば、あなたの魅力をより良い形でアピールするアドバイスをもらえることがあります。学校の就職課のスタッフや、OB訪問の先輩、就職エージェントなどであれば、より就活的な視点でアドバイスをもらえることもあります。

あなたの書いた自由記述欄が、他人からどのような評価をもらえるのかを確認してみてください。

エントリーシートの自由記述欄の例文

それでは、実際にエントリーシートの自由記述欄を記載する際の、例文をチェックしてみましょう。あくまで文字情報なので、こういった内容を、更にあなたらしくアレンジして伝えることが大切です。

座右の銘

私の座右の銘は「不撓不屈」です。どんな困難に直面しても、決してめげることなく、解決策を考えて働きかける工夫をしてきました。

学生時代は、自主映画の制作サークルに入っており、主に撮影班として活動していました。限られた予算の中で、作品を作るための工夫をしてきました。天候が悪くなり、ロケのスケジュールが大幅に乱れてしまったときなどの修正を行い、くじけることなく作品を仕上げて来ました。学生映画のコンクールでは、優勝賞を勝ち取ることが出来ました。

人生で印象に残っている人物

私の人生で、最も印象に残っているのは、初めてアルバイトをした飲食店の先輩スタッフです。

仕事が早く、他のポジションも積極的に手伝ってくれる人で、常に余裕がある振る舞いが印象的でした。周囲を見渡す能力に長けており、私は教育担当として大変お世話になりました。

まごころを持って人と接する大切さを教えてくれたのが、この先輩です。接客が非常に丁寧で、お客様を喜ばせることに、誠心誠意をもって取り組んでいました。そのため、常連さんも多かったです。

私が働いていた店舗は、本社都合で閉店を迎えることになってしまったのですが、先輩と仲が良かった常連さんが、何人も最終日に訪れていた姿が印象的です。私もその姿を見習い、人の心に響くような接客を心がけて来ました。

エントリーシートの自由記述欄を書くときの注意点

エントリーシートの自由記述欄を聞くとき、どんなポイントに注意した方が良いのでしょうか?思わぬ失敗を避けるために、注意しておきたいところをいくつかピックアップして紹介します。

ネガティブなイメージになることを書かない

自由記述欄ですから、ルールの範囲内であれば、何を書いても基本的には良いものです。しかし、エントリーシートとは、採用担当者に、あなたの良いところを理解してもらうためのものです。

あなたはそのつもりがなくても、採用担当者がチェックしたとき、ネガティブなイメージを抱いてしまいがちな内容は避けましょう。世代や立場によって、受け止め方が大きく異なることがある内容について掘り下げるのも、辞めておいた方が良いです。学外活動やサークル活動、ボランティア活動などをテーマに設定する場合、それが一般的に見て、社会人としてのアピール材料に適したものかどうかを確認してください。

あなた自身のアピールに繋がることを書く

自由記述欄のテーマは人によって様々ですが、どのような内容であっても、最終的にあなたのアピールになるような内容を選べるようにしましょう。

たとえば、学生時代のサークル活動について書いていくとき、サークルの概要や活動紹介になってしまわないように注意することです。サークル勧誘のチラシではなく、あくまであなたが就職活動を進めるためのデータだということを、忘れないようにして自由記述するようにしてください。

あなたがサークル内でどんな活動をしたのか、活動内容に対し、どのような役割を果たしていたのか、それによって得たものを、今後どのように活かしていきたいと考えているのかなどを書いておくと、良い評価を得やすくなります。

同じサイズの文字を羅列するだけにしない

自由記述欄と言っても、色々なルールはつきものです。守らなくてはいけないのは当然ですが、「それなら、ルール違反がないもので」と、同じサイズの文字でただ文章を書き詰めるだけの自由記述欄は、出来るだけ避けるようにしましょう。

綺麗な文字や整った文章は、エントリーシートの他のパートでも、しっかりアピールすることが出来ます。自由記述欄は、「表現の自由さ」から伺い知れるあなた自身について、採用担当者がより深く理解するためのものなのです。

折角良い内容を書いていても、レイアウトに工夫がないと、つい目が滑ってしまいがちにもなります。あなたの魅力をより効果的に伝えるため、制限内におけるアレンジや工夫を、しっかり模索しましょう。

エントリーシートの自由記述欄はどこまで自由に書いて良いの?

「自由記述欄」とは言うものの、やはり就職活動の一環です。どこまで「自由」に記載しても良いものなのか、エントリーシートにおけるマナーやルールを確認しておきましょう。

文字カラーは絶対チェックしよう

エントリーシートの自由記述欄は、「カラーはどこまで使って良いのか」をきちんとチェックしなければいけません。カラフルに書きこむことで、華やかな印象も出せますし、あなたの創意工夫を盛り込みやすいというメリットがあります。より多彩なアプローチが可能になりますし、強調したいポイントが、分かりやすくなるというメリットもあるでしょう。

しかし一方で、「カラーは使わない」「文字はモノクロで」という指示があるエントリーシートもあります。見落としてしまいがちな小さな記述でも、このルールを破ってしまうことで、書類選考そのものの通過が難しくなってしまう危険性もありますから、十分注意してください。

貼り付けの可否をチェックしよう

あなたをアピールするために、効果的に使用しやすいのは「写真」です。趣味や特技にまつわる写真は、説得力も増しやすいですよね。本来であれば、言葉でしか説明できないものに関して、実物を把握できる写真は、非常に有効な材料のひとつです。

しかし、写真の貼り付け可否は、エントリーシートごとに異なっています。前もって確認しておきましょう。

また、貼り付けが許可されている場合でも、剥がれやすい仕様にしておくと、採用担当者がチェックする際に役に立たなくなってしまうことがあります。写真は紙と比較すると分厚く、どうしても剥がれやすくなっているため、強固な接着を意識してください。プリントアウトした原稿でも良い場合は、一度データを結合して、一枚のエントリーシートとして提出出来るようにしておくとスマートです。

言葉遣いや誤字脱字はマナー違反

自由記述欄とは言えども、言葉遣いや誤字・脱字は、マナー違反になってしまいやすいです。くだけた口調を使うのは避けましょう。一般的なビジネス言葉くらいが丁度良いです。必要以上に丁寧でかしこまった言葉遣いにする必要はありませんが、友達に説明するような、くだけた書き方にしてしまうのは、避けた方が無難です。

また、誤字や脱字については、きちんと確認しておきましょう。修正液や修正テープは、出来るだけ使わない方が良いです。これはエントリーシートも履歴書も、就職活動に関わる書類全般に言えるルールです。

エントリーシートの自由記述欄のテーマの決め方

色々なチェックポイントを紹介しましたが、実際にエントリーシートを書き見込む場合、自由記述欄のテーマ設定はどのように進めれば良いのでしょうか?具体的なテーマ設定の方法をチェックしてみましょう。

自分をアピールしやすいテーマを選ぶ

自由度が高い分、エントリーシートの自由記述欄では、選択肢に迷ってしまう人も多いですよね。重要なのは、あなた自身を、採用担当者により深く、魅力的にアピールしやすいテーマを設定することです。あなたの良い部分や、企業に知ってもらいたい部分を、掘り下げやすいテーマを選びましょう。

業界研究・企業研究を掘り下げてテーマを選ぼう

企業によって、エントリーシートに求めるものは異なって来ます。業界や職種によって、人材に求める資質も異なって来ますから、ある企業では高く評価されたエントリーシートも、別の企業に提出したら、あまり高い評価は得られないというパターンもあるのです。

そのため、自由記述欄のテーマ設定は、前もって業界研究や企業研究を徹底してから決めるようにしてください。「この業界ではこんな人材が求められている」「この企業ではこういうタイプの人が採用されやすい」という結果を出しておくことで、より選考を通過しやすいエントリーシートを作りやすくなるでしょう。

過去のエントリーシート例をチェックしたり、OB訪問などで先輩の就活時のテーマ設定などについて、詳しく質問しておくのもおすすめです。

エントリーシートの自由記述欄のテーマ例

エントリーシートの自由記述欄で、よりあなたの魅力を伝えやすいテーマを紹介していきましょう。このテーマ例を参考にしながら、オリジナリティのあるアレンジを加え、更に記述方法にも工夫をしていくのがおすすめです。

性格の長所や短所

幅広い企業へのアプローチに使いやすいテーマです。

前述したように、業界研究や企業研究を徹底し、求められている人材のタイプに合わせ、あなたの性格をアピールしていきましょう。

コツは、長所と短所の転じやすい部分をピックアップし、実際に就職したら、どのような部分を活かし、どのような部分をどのようにカバーするか、具体的な提案を書いておくことです。

特技や趣味

あなたの特技や趣味をアピールするのは、自由記述欄で「個性」を強調する、効率の良い方法です。写真やイラストを貼り付けることで、より効率よくアピールをすることもできます。

大会やコンクールなどでの実績があったり、何らかの資格を取得していたりする場合、出来るだけ多めに実績を書いておくと、説得力も増しますね。

尊敬する人

エントリーシート内に「尊敬する人」の欄がなれば、あなたの尊敬している人について、軽いプレゼンテーション資料を作るつもりで記述するのも良いでしょう。ただし、あくまで「あなたが尊敬している理由」や「あなたが尊敬しているポイント」に結び付け、最終的に、尊敬しているところから、あなた自身の魅力をアピールできるように展開してください。

発明したいアイテムやサービス

あなたが志望している企業に入社してから、発明したいと思っているアイテムや、展開したいと思っているサービスなどについて、自由記述欄に書く方法もあります。入社前からの意識の高さを伝えることも出来ますし、アイディア力やモチベーションのアピールにも繋がります。

採用側はエントリーシートの自由記述欄のどこを見ているのか?

発想力

エントリーシートの自由記述欄は、テーマの設定から、就活生に委ねられています。

そのため、このパートをチェックする採用担当者は、エントリーシートに対する発想力をチェックしています。どのようなテーマを設定し、そこにどのようなアピールを組み込んでくるのかを見て、人材のより深い魅力を知りたいと思っているのです。

あくまで就職活動の一環ですから、自由記述欄を活用し、どのように自分をアピールするのかは、社会人としても活かしやすい発想の資質です。自分をアピールしやすいテーマの設定、効果的な書きこみ方、企業や職種に合わせたアプローチなど、準備から展開まで、実践に活かしやすいスキルや資質も見やすいのです。

個性

自由記述欄は、名前の通り「自由」に記述していいパートとなっていますから、就活生の「個性」をチェックできるところでもあります。就職活動となると、どうしてもみんな、画一化された均等な人物像になってしまいがちです。

たくさんのエントリーシートをチェックしていると、メリハリがなく、どの人材も同じに見えて来てしまう、というパターンもあるでしょう。これでは、選考に困ってしまうという可能性もあります。

そんなとき、自由記述欄には、個性がよく表れやすいです。どのような個性を持っている人物なのかを知ることで、選考の大きな基準にしやすいのです。

エントリーシートの自由記述欄で、就活を成功に導こう

いかがでしたか?

エントリーシート評価において、自由記述欄が占める割合は、決して低くありません。自由にテーマ設定を行い、記述が出来るという分、就活生の裁量に任される部分が大きいですよね。これはテーマの選択から、自己アピールへの結び付け、創意工夫の方法はもちろん、企業研究の度合や、志望熱意のレベルなどをチェックすることにも繋がります。

よりクオリティの高い自由記述欄を作成することが出来れば、エントリーシート全体の完成度も、ぐっと底上げできる可能性が高まるということを知っておいてください。

また、あなたの個性を出すことと、奇をてらうことは別ものです。「他の就活生と差をつけたい!」「他にはない唯一無二のエントリーシートが作りたい!」という気持ちはとても重要ですが、そのモチベーションだけが先走ってしまい、採用担当者が理解しにくい自由記述欄を展開してしまったり、社会人の自己アピールとして、相応しくないものを書いてしまったりしないようにしましょう。モラルを守り、規定のルールに準じた自由記述を心がけるようにしてください。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。