エントリーシーとが書けないときの対処法|志望動機・自己PR欄

エントリーシートが書けない理由と対処法

就職活動を行う上で就活生が最初に直面する課題はエントリーシートや履歴書を記入することです。これらには多くの記入欄や設問が設けられており、何を書いたら良いのかに悩む就活生は多く存在します。

エントリーシートが書けない理由はいくつか存在します。まず、ひとつは自己分析が足りていないという可能性です。自分の強みをきちんと分析できていないため、自信を持ってアピールのための文章が書けないのです。

ふたつめには、それぞれの記入欄を何の目的のために書けばよいのかを知らない状態で手を付けようとしているという可能性が考えられます。目的なく文章を書いたとしてもその文章はアピールにはなりません。

それでは、エントリーシートや履歴書を通じて企業は何を知ろうとしているのでしょうか。ひとことで言えば、企業はそれらの書類を通じて、その学生が自分たちの求めている能力を備えた人材かどうかを知ろうとしているのです。

そのため、就活生は予め自分たちの志望企業がどういった能力を持った人材を欲しているのかをキャリア採用ページや会社説明会などを通じて把握する必要があります。その上で、書類には自分がそれらの能力を備えているということを証明するための文章を書くことが最も重要になります。

説得力を持ったエントリーシートを書くためには、万全の自己分析が必要です。客観的に自分の強みを把握できていれば、自分の持つ能力を裏付けるようなエピソードがいくつか用意できるはずです。それらのエピソードを用いながら、人事担当者に自分が持つ能力をアピールするのです。

文字数があまりに多く書けない場合の対処法

就職活動で執筆するエントリーシートのアピール文は400文字程度であることが一般的です。しかしながら、中には800文字程度の文章が要求される場合もあり、必要とされる文字数に到達せず、文章が書けないと悩む学生も多く存在します。

そういった学生におすすめなのが、PREP法と呼ばれる手法を用いた文章構成法です。PREP法とは、最初に結論を述べた後、理由、具体例(エピソード)を述べ、最後に再度結論を述べるという方法で、エピソード部分の量を増やすことで自由自在に文字数を調整することができるというメリットがあります。

例えば、自分の能力として「問題解決力」をアピールする場合、400文字程度の制約があれば書けるエピソードはひとつですが、800文字の場合にはふたつほどのエピソードを盛り込むことができるのです。エピソードに優先順位を付け、効果的なものから書いていくと良いでしょう。

もし、「問題解決力」を裏付けるエピソードとしてサークル内での社会貢献活動とアルバイト先での集客力向上に貢献したという経験があったとすると、400文字の場合には説得力の高い方のエピソードをどちらか選べば良いですし、800文字の場合にはエントリーシートに両方のエピソードを盛り込むことができます。

書けないエントリーシートの欄別の書き方

エントリーシートのそれぞれの欄で人事担当者が見たいと考えている能力は少しずつ違ってきます。もちろん、担当者や企業によってそれらは異なりますが、ここでは一般的に意識すべきことをケース別に分けてご紹介します。

書けない「自己PR欄」の書き方と例文

エントリーシートの自己PR欄を書く上では、まず自分に備わる能力のうち、どの能力をテーマにするかを決めなくてはなりません。志望する業界によって求められる人物像の傾向は存在しますが、すべての業界に共通して求められる能力としては、問題解決力や計画性、協調性などが挙げられます。志望業界や志望企業が求める能力を予め把握し、いくつかの能力をキーワードに複数パターンの自己PR文を用意しておくと便利です。

ここでは例文としてPREP法に則って書かれた、「問題解決力」をアピールする自己PRの例文を紹介します。

(例)私の強みは「問題解決力」です。学習塾でのアルバイトの中で、生徒の状況を理解し個性に合わせた指導に打ち込みました。私が個別指導を担当していた生徒の中で、集中力の低い小学生男子がいました。集中させるため、時間を指定して問題を解かせるなど工夫しましたが、改善は見られませんでした。その後、保護者の方と電話で連絡を取る中で、週3日の通塾に加え週3日の習い事をしていることが分かり、私は忙しさが集中力低下の原因と考えました。

そこで、自宅学習の負担減少を行うことで解決を図りました。具体的には、授業内で学習内容を理解させるため、毎回小テストを行い高得点の場合には宿題を減らすことにし、授業にメリハリを付けました。結果、定期テストでの成績を15点アップさせることができました。この経験から相手を理解し最適な解決策を導く重要性を学びました。

自己PR文を書く上では、まず「結論」に相当する自分の強みを表すキーワードを明らかにすることが重要です。その後で、どういった経験を通じてその能力を養ったのかを簡潔に述べ、具体的なエピソードを書いた上で、再度結論を述べます。

この文章からは問題点を自ら設定し、解決に向けての行動を起こしたということが読み取れます。また、行動の結果を受け入れ、さらに改善に向けて保護者への連絡を行ったという主体的な行動が書かれています。一般的に問題解決力とは、問題点を発見し、問題点解決のための方策を決定した上で実行に移し、その行動の結果を再度分析するという流れを指しますので、具体的なエピソードから、その能力がこの学生に備わっていることを推し量ることができます。

また、問題解決力に加え、主体性、行動力といった能力も読み取ることができるため、これらの能力を重視する企業の場合にはこの自己PR文は高く評価される可能性があります。

書けない「志望動機欄」の書き方と例文

自己PR文の次に書けない、と就活生を悩ませるのが志望動機です。数十社の企業を受けることも珍しくない昨今の就活事情を鑑みれば、会社によって文章を変えなければならないのは面倒くさいことなのかもしれません。

しかし、きっちりとした対策を行えば、説得力のある志望動機を書き上げることが可能です。有効な志望動機の書き方をマスターした学生は決して多くはありませんので、説得力ある志望動機の書き方を押さえ、書類対策を行うことが重要です。

よくある志望動機の例としては、「その企業の製品のファンだから」といったものがありますが、これは決して良い志望動機の例ではありません。例えば、ある野球の球団の熱狂的ファンがいたとしましょう。みなさんがその球団のオーナーだったとして、新人選手をスカウトする際にその熱狂的ファンをスカウト候補に入れるでしょうか。もちろん、答えは否です。新人選手に求めるのは、その選手が持つ能力です。

つまり企業を志望する際に、その企業の製品のファンであるというのは志望理由にならないのです。志望動機を書く上で心に留めて置かなければならないのは、志望動機は「自分の能力がその企業で活かすことができる」ということをアピールする場であるということです。人事担当者にとってみれば、その就活生が自社で活躍できる人材か否かが全てであるということを忘れてはなりません。

それでは、実際の志望動機の書き方を紹介しましょう。志望動機を書く上では、しっかりとした「業界研究」と「企業研究」が威力を発揮します。これらがしっかり行えていれば、説得力のある文章を構成することができます。

志望動機の構成を簡潔に述べると、まず結論として自分がその会社にどのように貢献したいと考えているかを明示する必要があります。その次に志望企業が属する業界全体が抱えている問題点に対して、その企業がどのような対策をとっているかを書くのです。このステップに業界研究と企業研究が役立つのです。

簡潔に言えば、業界研究とはその業界全体が抱える問題点を把握することで、企業研究とはその業界が抱える問題点に対してその企業がどのような対策をとっているかを知ることです。そして、その上で自分の能力が企業の取り組みに役立つということを示せば良いのです。

それでは、具体的な例文を示しましょう。ここでは、志望企業が塾や学校向けの教材を製作販売している出版社であったとします。業界研究で学んだ業界全体が抱える問題点が「出版不況」で、企業研究を通じて学んだその企業の対策が、「出版する書籍のジャンルを広げるのではなく学習教材に特化すること」「直販体制を取り顧客のニーズを直接把握すること」であった場合には、以下のような志望動機が有効です。

(例)私は教材開発を通じ、日本の教育水準をさらに向上させたいと考えています。私自身も学習塾アルバイトで生徒の指導経験がありますが、成績向上には生徒の主体的な学習が不可欠だと考えており、そのために自主的な学習のきっかけを作ることが重要だと考えています。貴社は学校・学習塾向け教材の開発に加え、模擬試験やデジタル教材の開発も手がけておられ、生徒の主体的な学習の機会を広く提供されている点に魅力を感じました。

また、貴社では直販体制を採り、クライアントに対してコンサルティング営業を行っておられます。私が大学生活で養った、チームの統率力や問題解決力はコンサルティング営業に活かす事ができると考え志望しました。

この志望動機では、自分がしたいことをはじめに結論として示し、その会社の強みを把握した上で自分の能力が業務に活かせることを示しています。この文章であれば、その企業でなくてはならない理由も感じられますし、自分が活躍できる人材であるということもアピールできています。志望動機で触れている「問題解決力」については自己PRで具体的に示しているため、ここでは具体的な説明は不要です。

書けない「研究内容欄」の書き方と例文

研究内容についても何が求められているのかを把握しておけば、効果的なアピールにすることができます。理系と文系によって求められる研究内容の書き方は若干異なるため、理系と文系に分けて書き方をご紹介します。

理系学生の研究内容の書き方

一般的に理系の就活生が自身の研究内容を無配慮にそのまま要約してしまうと、極めて専門性の高い文章になってしまいます。学会要旨など、専門性の高い場所に提出する文章であればこの書き方が最適ですが、就職活動でその文章を読むのは人事担当者です。

志望職種が理系の研究職や開発職であったとしても、人事担当者が理系の出身者とは限りませんし、仮に担当者が理系出身者であったとしても専攻、分野までもが一致する確率は極めて低いのが現実です。

そのため、理系の就活生が研究内容を書く際は、誰が読んでもわかるような文章を心がけることが重要です。また、研究活動の中で学んだことや成し遂げた実績があれば、それらに触れるのも良いアピールになります。

(例)私はプラスチックを分解するタンパク質の研究を行っています。このタンパク質は特定のバクテリアから得られたもので、そのままの状態では分解の効率が低いことが問題でした。そこで私は、そのタンパク質の内部構造に着目し分解反応に関与している部位を特定しました。さらに、その部位を構成する分子を人為的に改変し、分解速度に与える影響を検証しました。この研究の結果、従来のタンパク質に比べ、5倍の速度でプラスチックを分解できるタンパク質を作成することができました。この成果を持って○○学会に出場し、○○を受賞しました。

専門の学生であれば、無意識のうちに「プラスチックを分解する酵素」などと書いてしまいがちですが、酵素という言葉は一般的ではないため、タンパク質に言い換えるなどの工夫が必要です。もちろん、遺伝子組み換えを行って組み換えタンパクを発現させ精製を行った、といったような具体的な手順を明記する必要はありません。

文系学生の研究内容の書き方

文系の就活生も理系の就活生の研究内容と同様、わかりやすい表現を心がけることは重要です。文系の場合、研究内容が直接評価される可能性は低いですが、研究の中でどのような問題設定を行い、解決に向けてどのような行動を行ったのかがわかる文章を心がけることが重要です。

(例)私は大学でマーケティングを専攻しています。ゼミの中では特にソーシャルネットワークサービス(SNS)に着目し、SNSがユーザーの購買行動にどのような影響を与えるかを研究しています。具体的には、同一業界の中でヒット商品の開発に成功した企業とそうでない企業を複数ピックアップし、それらの企業が行うSNS上での情報発信やユーザーの反応にどのような違いが存在しているのかを研究しています。貴社では私が学んだマーケティングの能力を活かし、貢献したいと考えています。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。